酒飲みが『酒呑みに献げる本』を読みながら酒を飲むある夜・・・

c0223879_8504358.jpg

 冬の夜。外は吹雪。店にはだれもいない。
 タルの底に少し残った生ビール。これはもう客には出せない。グラスに注いでトマトジュースを加える。レッドアイだ。グビッ、うまい!よし飲むか・・・。こんな夜、客は来ないだろう。

 すりおろしたニンニクとパセリのみじん切りを練りこんだバターを、スライスしたバゲットに塗ってオーブンレンジへ。二日前にスモークしたチキン。ちょとレンジで温める。おおっ香りが立ってきた。
焼きたてのガーリックトースト。スライスし軽くレモン汁をかけたスモークチキン。皿に移してテーブルへ・・・・。
腰をおろしてレッドアイをグビッ。うめっ!
 本を開く。『酒呑みに献げる本』。今日ブックオフで買ってきた。105円。
 本は3冊買った。『明日があるなら』(シドニー・シェルダン)、これも105円。シドニー・シェルダンは時間過ごしにはうってつけだ。飲みながら読むのにもいい。『良寛』(吉野秀雄著)これは950円だったが、まあまあ。
 ガーリックトーストにスモークチキンをのせてかぶりつく。なかなか。これなら客に出せる。レッドアイをグーッ。
 本に目を移す。いきなり<小説>酒の追憶・太宰治とある。活字を追う。
 あっ、今日スーパーで見つけた地場産の椎茸があった。肉厚な腹の部分にマヨネーズをしぼりだし、アンチョビを刻んでのせる。これはストーブの上に置いた。レッドアイのお代わりをつくる。客は来ない。
 本に向かう。酒を飲みながら酒の(酒飲みの)本を読む。椎茸からいい匂いがしてきた。皿に移す。熱っつつ!トングがいるな。食ってみる。ううん?やはりバターと醤油がいいかなあ。客は来ない。グラスが空だ。お代わりをつくる。
「ルルルッ、ルルルッ」
 店の電話が鳴った。
「土曜日?ああいいですよ。6人ですね。何時ごろから?はい、はい。ありがとうございます。お待ちしています」
 よっしゃ!予約が入った。タルの残り、全部飲んじゃえ。マイクに買ってもらったビーフジャーキーでもかじるか。
 シドニー・シェルダンを開く。いきなり引き込まれる。彼の本は充実の読後感はないが、まあ読ませる。いづれゆっくり。
『良寛』を開く。五合庵のカラー写真。良寛像に書。書はわからないが、いい書のように思われる。これは飲みながら読む本ではなかろう。『酒呑みに・・・』に戻る。

「酒は憂いを払う玉箒(たまぼうき)で、憂いをほじくり出す爪楊枝ではない」
               (エッセイ『酒直言/酒徒とのつき合い』田辺聖子)。『酒呑みに・・・』から

 一人飲みの夜が更けていく。
c0223879_1059359.jpg

[PR]

by yoyotei | 2013-02-07 11:16  

<< 大阪で生まれた女やさかい大阪の... And here's ... >>