<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

秋に・・・

c0223879_20311620.jpg

 夭夭亭のある細工町に居住する若夫婦である。この日は美人妻Nanaちゃんの実家へ子どもを預けての二人飲み会である。地元の建設会社に勤務するTadayoshi君とNanaちゃんは高校時代からの交際だという。そういえばTadayoshi君、高校の合格発表の夜、両親と一緒に飲みに来たなあ。合格したのを、おとうさんは泣かんばかりに喜んで、「おい、Tadayoshi!飲め!」と酒をすすめ、おかあさんは「バカなことをいうんじゃないよ」とたしなめて・・・。
 内心、それほど難関校でもないのになあと思いながらも、率直な親心に感動した。
c0223879_20315942.jpg

 Tadayoshi君は、ある「やんごとない人」と血脈を同じくしている。かつて、報道陣が彼の実家を取り巻いたことがあった。能力や環境などによって人は多様な人生を生きるが、この二人を見ていると、いまさらながらに「幸せ」ということを考える。
 同じ血脈にありながら、そのある人のことを私の恩師はエッセイで「princess」を「prison」に置き換えて憂えていた。
 Tadayoshi&Nana夫妻にとっては、そんなことはどうでもいいことのようだ。それがまた二人の好感度を高めている。 
c0223879_20333024.jpg

「魔界」は仏教用語というのを辞書を引いて知った。悪魔の境界。悪魔の住む世界。魔境。
 『雨月物語』(上田秋成)の「白峯(しらみね・しろみね)」に『「君かくまで魔界の悪業につながれて、佛土に億万里を隔給へばふたたびいはじ」とて、只默してむかひ居りける』とのくだりがある。

 ところでこの酒、黒麹・芋原酒で度数37度「魔界への誘い」とある。この酒を飲めば魔界へ誘われる。魔界は仏土から億万里も離れている。地獄へ真っ逆さまの酒なのである。恐ろしくて封を切れないでいる。送り主はあのAkariちゃんのイクメン親父だ。
c0223879_10184358.jpg

 曹洞宗山居林龍皐院の山門前に屹立している。「薫酒山門に容(入)るを許さず」と読むのが、もちろん正しい。だが、天の邪鬼はいつでもどこにでもいる。特に酒好きは無理やりに「許さずとも薫酒山門に容(入)れ」と都合よく読む。
c0223879_2034642.jpg

 カナディアン・ウイスキーを代表する「Crown Royal」、それもブラックラベルだ。カナダ・バンクーバー在住の、お隣の次男さんからいただいた。母のEmikoさんが他界される前後、私は一人で飲んでいた。コクがあって芳醇、うまいウイスキーだ。
葬儀が終わった後の、私の店での軽い集いでもみんなが少し口に運んだ。
c0223879_12445117.jpg


 カナダ土産には「Lulu Island」のアイスワインもいただいた。「Crown Royal」の何倍も高いと念を押されたので、もったいなくて飲めないでいる。

 飲めないというと、Emikoさんの二人の息子さんたちはほとんど酒を飲まない。Katsura先生もEmikoさんが入院してからは酒を断った。葬儀が終わっても、「飲む気になりません」ということだった。喪失感は深い。 
 
 
[PR]

by yoyotei | 2011-08-25 20:34 | Comments(0)  

夏の終わり

c0223879_10332247.jpg

c0223879_14551435.jpg

 夫婦と犬だけの暮らしが、この夏も娘たち夫婦と孫たちの襲来によって過密喧騒状態になった。14人と犬2が広くない家のあちこちに眠ることになる。居間は雑魚寝場となり、人と人の隙間に犬が眠り、飲み足りない者はその片隅で飲み続ける。

 だれかのリクエストで、昼は「流しそうめん」。面倒してまでそうめんを流さなくてもという声もあったが、面倒したかいがあって、これが意外と楽しい。寿司だって回る時代なのだ。流さないなんてそうめんじゃあない!といった声に変わった。

 夜は3回目になった「プレミアムパーティ」。準備不足もあって昨年よりも低調だったが、来ていただいた方々には感謝感謝である。来年は個人的にも「プレミアム」になる。理由はそのときに明かす予定だ。
c0223879_19204973.jpg

プレミアムパーティ」では右のHirayamaさんのバイオリン演奏があった。酔っ払った私のギターとのコラボ「コーヒールンバ」はいつになくノリノリで、2階のお客からも大きな拍手をもらった。
 本来はクラシック奏者のHirayamaさんを、無理やりポピュラー音楽や歌謡曲の分野に引きずり込んでいる。
c0223879_1516037.jpg

 普通にしていればなかなかのイケメンなのに、Shinちゃんはカメラを向けると顔をつくってしまう。照れ屋なのである。このブログを始めたばかりのころの「振り向いたパリジャン」「含羞の猛者」といったところがShinちゃんのキャラなのだが・・・(笑) 
c0223879_15584639.jpg

 Murataさんと右の女子はAsakoさん。Murataさんの妹の同期生で友人なのだ。このご両人、とてもいい雰囲気で・・・。それにしても2人ともよく飲むなあ。
c0223879_1693171.jpg

 三女の同期生たち。店をにぎやかにしてくれてありがとう。来年もまたね。
c0223879_14212036.jpg

c0223879_14223838.jpg

 Akariちゃんと高校教師のママ。2枚目もAkariちゃんと同じく高校教師のパパ。
 3枚目の冊子『汽水域』にはパパが、Akariちゃんの誕生を機に育児休業を取得して、育児に専念した記録「不良オヤジの育児日誌」の一部が掲載されている。育児日誌は400字原稿紙563枚もあるというから驚きだが、パパが育児休業に踏み切った決断も県内では稀有なことだ。パパは「元祖新潟のイクメン」といったところなのだ。
 この夜は「プレミアムパーティ」に遠路を車を飛ばして来てくれた。ところでママは第二子をご懐妊だそうで、いよいよAkariちゃんがお姉ちゃんになる。今度の育休はどちらになるのだろう。
c0223879_1641430.jpg

 地球の歩き方「東アフリカ」は、いつと決めているわけではないが、次の旅をタンザニアあたりにしたいなということで目を通しているものだ。鼻先にニンジンをぶら下げた馬のようなもので、楽しみを先に想定して今を乗り切ろうといういじましい魂胆だ。

 冊子『汽水域』の特別寄稿「地域主権、住民自治のいま」は参考になった。先月「村上・岩船自治体研究会」を立ち上げたかりでもあり、当地でも今秋には「議会基本条例」が策定の運びになっていて、先日私たち「市民ネットワーク」と策定委員会と意見交換をしたのだ。
寄稿者の渡部良一氏に敬意を表したい。問題意識が共通していて同士を得た思いだ。新発田市議会にこうした議員がおられることを頼もしく感じた。 
c0223879_935558.jpg

 長女夫妻はこの夏も「プレミアムパーティ」で力量を発揮してくれた。よく知らなかったが、長女はパン作りの「ナントカ」なのだそうだ。したがってパンに関してはそれなりの薀蓄がある。
c0223879_1652596.jpg

 孫たちを連れて海にも行った。監視をかねて私も数年ぶりに海に入った。
 ヨットの帆のように夏には原色が似合うが、私の人生における原色の季節は終わった。
c0223879_10422157.jpg

c0223879_10435991.jpg

「ご夫婦ですか?」「あはははっ」
 2人の笑顔がよかった。
 今年も夏が終わる。 
[PR]

by yoyotei | 2011-08-21 10:34 | Comments(3)  

第3回/プレミアム・パーティ

c0223879_21135769.jpg

 第3回/プレミアム・パーティを開催します。<span style="line-height: 1.2;">期日は8月12日(金)13日(土)14日(日)の3日間です。会費は3500円、夜7時30分から12時までです。今回は特に『伝説へのプレリュードとテーマを洒落てみました。先日、ある女性とスーパーマーケットで出会いました。20年ぶりぐらいだったでしょうか。「お店まだやってる?」と聞かれたのです。彼女にかぎらず同じように聞かれることが近年多くなりました。そこで『伝説の・・・』なのです。プレリュードは音楽用語で前奏曲・序曲です。いよいよ「伝説の店」に、という私なりの感慨が含まれています。まあ、飲みながら”越し方行く末”に思いをはせるというようなところです。どうぞ、ご来店を。
だれです?『終焉へのプレリュード』だといっているのは!そういう人は会費を持って来なさい。私の健在ぶりを見せてあげるから。 パラソルの下でたわむれる2人。私たちにもこんな時代があったかなという程度のものです。プレミアム・パーティとはなんの関係もありません。
 それよりも、この自販機にいいしれない寂しさを感じるのは私だけでしょうか。
c0223879_21425976.jpg
 
[PR]

by yoyotei | 2011-08-06 21:14 | Comments(8)  

縁起のいい客

c0223879_2001797.jpg

 吉村昭のエッセイ集に『縁起のいい客』というのがある。目次を見てもこのタイトルのエッセイはない。タイトルにつながるものがエッセイ全体を貫いているのかなと思いながら読み終えたが、それも読み取れなかった。そこで、私の店にとっての「縁起のいい客」を考えてみた。
まず足繁く通って金を使ってくれる客。これはなんといってもいい客だ。だが、「縁起がいい・・」となるとちょっとちがう。縁起が悪い、縁もない、縁起物などと並べてみると吉凶の前兆ということだ。別に物事の起こりや由来、また『信貴山縁起』など、それを記したものという意味もあるが、これはこの際、無関係だ。

 たとえば、その客が来ると急に店が忙しくなるというのは、いいことの前兆であるから「縁起のいい客」ということになろう。

 20数年前、30歳前後の男客が一人で来店した。はじめての客で、まだほかに客はいなかった。しばらくいたがほかに客が来ない。
 男が言った。
「この店、ヒマですね」「ええ、まあ」と私(こんな客にどう対応すればいいんだ?)。
 男は続ける。
「ぼく、ヒマな店が好きなんですよね」(わからないでもないが・・・)
「この間まで、三条にいたんですが、こちらに転勤になりまして。時々来させてもらいますよ」
「ありがとうございます」(しかし、どこか暗いなあ)
「三条にもひいきにしていた店が何軒かあったんですよ」
「はあ、そうですか」「でも、みんなつぶれたんですよ。ヒヒヒヒ・・・」「ギャーッ」
 最後の「ヒヒヒ・・」は嘘だが、それ以外は事実だ。幸いその後その客は来なかった。だから私の店は、なんとか存続している。「縁起でもない客」「縁起の悪い客」の代表例だろう。大量の塩を撒かねばなるまい。
c0223879_2051023.jpg

 暇つぶしに描き続けているものだから顔の表情が日々変わっていく。どこへ行き着くのか・・・。
c0223879_2011937.jpg

 8月になった最初の夜、2人の男客が来店した。同じ細工町の割烹「千渡里(ちどり)」さんから紹介だ。父と息子の2人旅だという。Amanoさん親子である。川崎からと聞いたがまちがっていたらごめんなさい。息子さんは営業でインドへ行ったことがあるという。防犯カメラの重要部品を売り込むのだという。急速な経済成長と格差、それにともなう犯罪。私はかつてインドで銃を持った門番を雇っている人と話したことがある。「妬みから嫌がらせがあるのです」と、そのホテル・オーナーは言った。防犯カメラはインドではこれから需要があると思う。
 やはり長く営業で働いてきた父親の、息子を見る眼がやさしい。

 
c0223879_2014645.jpg

 翌日も「千渡里」さんからの紹介で、狭山市(埼玉)からMasudaさんが一人旅での来店。
 いろいろ話したのにみんな忘れてしまいました。あなたの立派なカメラであなたを写しましたが、写ってました?
c0223879_20241496.jpg

 両手でVサインが割烹「千渡里」の長女歩さん。左端が彼女の夫君Takaさん。他の男たちは20年来のお得意さんだとか。「千渡里」さんにはそういうお客が多い。いい客であり、いい縁起をもたらす客でもある。あやかりたいものだ。
[PR]

by yoyotei | 2011-08-06 20:24 | Comments(0)