<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

八重子の刀自(とじ)

c0223879_14515749.jpg

 前のブログで「じっとしていない人」と書いた土浦の今井さんが秋田からの帰途、「八重子の刀自(とじ)」をともなってあらわれた。
 二年前に「出でませ子」と題したブログで、歌集『出でませ子』を紹介した。そのなかで歌のいくつかは紹介したが、じつは歌集名の由来について、あとがきに次のようにあったのだ。
 
(前略)ある日、日本書紀の中の歌垣の歌が話題になり、夫は傍らにあった筆をとり、すらすらと書きました。

八重子の刀自
打橋(うちはし)の頭(つめ)の遊びに出(い)でませ子
玉手の家の八重子の刀自
出でましの悔いはあらじぞ出でませ子
玉手の家の八重子の刀自

 この古歌は四十数年前に夫が私におくってくれたもので、結婚のきっかけとなりました。歌集名『出でませ子』は夫が書き遺したこの古歌からとり、題字は夫の最後の筆跡です。(後略)

                         
 刀自(とじ)は通常、主婦をいうが、あらためて「日本国語大辞典」(小学館)にあたってみた。
①家事をつかさどる婦人。主婦。②女性を尊敬または親愛の気持ちをこめて呼ぶ称。③年老いた女。老婦人とあった。
 なるほど、②の意味合いもあったのか。そうでなくてはなるまい。なにしろ「結婚のきっかけになった」のだ。「私の名前からすぐにこんな古い歌を連想するなんてね」と、八重子さんはかつて私に語ったことがある。その夫が最後の筆で「出でませ子」をしたため、旅立ってから来年の一月で六年目を迎える。今井さんとのやりとりからこの日、出でませ子と呼びかけた八木三男先生をしのぶ「臘梅忌」開催が決まった。

  『椨(たぶのき)』と名づけし追悼文集に賜りし篤き心と言葉          八重子

 『椨』に追悼文を寄せられた方々などを中心にご参集をお願いしたいと思っている。来年一月二十五日(金)、会場は夭夭亭。
c0223879_14361874.jpg
 
 ところで、「日本霊異記」に数ヶ所、「家室」という語句が出てくる。例えば「狐を妻(め)として子を生ましめし縁」(上/第二)には「彼犬之子毎向家室」とある原文が、「彼(そ)の犬の子、家室に向かう毎に」と訓み下され、「家室」には「イヘノトジ」と訓みがふられてある。また、その注には「家の主婦」、「とじ」は普通「刀自」の字を用いるとあった。
                            (『日本古典文学全集』 小学館)

 ここにも何度か書いたが「夭夭亭」は「詩経」の「桃夭」からの八木三男先生の命名である。「桃夭」第一章の末尾は「宜其室家」とあり、二章のそれは「宜其家室」とある。そして「室家(しつか)とは夫婦によって構成される家庭、また「家室(かしつ)」も意味はかわらず、押韻のためと説明されている。(『中国詩人選集』 岩波書店)

 今井さんには「臘梅忌」の案内など、ジッとしてはおられない年の瀬になるやも知れぬ。
[PR]

by yoyotei | 2012-06-30 14:55  

バラが咲いた

c0223879_10581547.jpg

 しばらくブログ更新を怠っていたら、早や6月も半ばを過ぎた。
 我が家のピンクのバラはかつてないほど多くの花をつけたが、自らの花の重みでうなだれている。雨にあたると重みはなお増す。すっと立ち上がってひとつだけ花をつけたバラが、むしろ端然として美しい。
 梅雨に入ったが、まとまった雨が降らない。梅雨の中休みならぬ、「梅雨のズル休み」だとラジオが言っていた。もっとも西の方は豪雨だったようで、台風の襲来も伝えられている。
c0223879_110122.jpg

 このブログでも何回か登場してもらったY.Itagakiさんが率いる農業集団の若きホープKoji.Ikedaさんだ。ちょっとはにかんだ笑顔が初々しい。独身だがそろそろ身を固めたいところ。(なんだか表現が古いなあ)
 先日、映画「恋するトマト」を見た。2度目だったが、やはりラストシーンが泣かせる。現実は映画のようにはいかないだろうし、本当の難しさはあのラストシーンから始まるにちがいない。
 食糧自給率39%の日本。環太平洋連携協定(TPP)参加ともなると13%にまで下落するとの試算がある。農業環境は依然として厳しいが、作物の生長や収穫を喜び合うパートナーが欲しいよね。
「恋するトマト」は、大きな挫折を経ながら、異国の地でうまいトマトを育てようとする農業者のひたむきさがベースにある。「いざという時には、私たちには土と水と太陽があるからだいじょうぶ!」という映画の中のセリフ。人が生きるための最も根源的なものを問いかけてくる。それにしても、日本の農業はなぜこれほど政治に翻弄されるのか。Koji君28歳、0型さそり座、いい男だよ!

 かねがね思い続けていたのだが、男から見たいい男と、女から見たいい男に、大きな隔たりがあるのは、どうしてなのだろうね。男でも女でも、同性からの評価が高い人は、信頼度も誠実度も高いと思う。
c0223879_71188.jpg

 昨年の秋のツーショット。二人が久しぶりに顔を見せてくれた。すでに同居を始めて、入籍まじかということだった。この日のポートレートは撮らなかったが、居合わせた客たちが、妻になる彼女の可愛さ若さに驚いた。実年齢は・・・、まあいいか。夫婦仲良く、幸せになってね。円満の秘訣?あったらこちらが教えて欲しいよ(笑)。
c0223879_1115340.jpg

 こんな時には夭夭亭に来てはいけないと言いながら来てしまった男子二人と女子二人だ。Satomi&Marikoさんは初来店。今後の展開はいかに・・・。
c0223879_1125917.jpg

 Mayaさんが持参してくれたスコッチ「ジョニー・ウォーカー」のスイングボトルだ。ボトルの裏に「TAX・FREE」のシール。近頃は珍しくなった免税品だ。ジョニーウォーカーといえば、かつては高級スコッチの代名詞。なかでも黒ラベルはジョニ黒と呼ばれて1万円もした。スイングボトルはそれよりもハイクラスだった。ビンが前後にスイングする。こちらが酔ったせいではない。
c0223879_1135853.jpg

 こちらのカップルは福島からのショートトリップ。陶芸家の後藤さん夫妻。福島訛りの穏やかな語り口。原発のこと、陶芸のこと。短い時間だったがいろいろ話した。日本のヒゲ面男は、一見ワイルドだが心の優しい男たちなのだ。後藤さんの作品はブログ「風花画廊」で見ることができる。
 
 この夜、後藤さん夫妻は市内の「井筒屋」に宿泊。「井筒屋」は松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の途中二泊した宿として有名。国の登録有形文化財にも指定されている。一晩に一組しか客を取らない宿でもある。

 ところで、芭蕉が「奥の細道」に出発したのが5月16日ということで、この日は「旅の日」なのだそうだ。しかもこの日が誕生日だという、あの佐藤さん(「村上野道クラブ」主宰)が誕生記念の「ニューヨーク一人歩き」を敢行してきた。自宅に帰るより先に店に直行してくれた彼からホットな旅の話を聞いた。
 タクシー運転手に偽50ドル札をつかまされた話など、こちらもブログ「村上の野歩」に詳しい。
 それにしても、佐藤さん、世界中を歩き回っている。
 2008年にインドに同行した際、佐藤さんに誘導されて歩かないように気をつけていたのに、いつの間にかニューデリー駅前からインド門まで歩かされた。大量の薬を飲んで体調を整えながら、「歩け!歩け!」の日々を送っている佐藤さんだ。
c0223879_8453677.jpg

 こちらは茨城県土浦の今井さん。昨年暮れのイブコンサートに来店。今年1月には旅先の石垣島で、当地出身者が働く「辺銀食堂」を訪ねたり、居酒屋で出会った燕市の青年に夭夭亭を紹介したり・・・。頂戴した似顔絵入りはがきには私のことを「自分を生きる教祖様」とあった。年頭に「自分を生きる」と偉そうに宣言したものだから、出来もしないのに汗顔の至りである。年頭というと今井さんからの年賀状で、お年玉の切手が当たった。幸運の年明けではあった。
 この度は秋田からの帰路に村上に立ち寄るとのこと。この人もジッとしていない。
c0223879_117048.jpg

 私はカナヘビとトカゲの区別ができない。これはカナヘビか。<形はトカゲに似るが更に細長い。体は暗褐色、または暗緑褐色・・・>(広辞苑)とある。 
c0223879_11123440.jpg

 五月半ば、新潟市で見た夕日である。風景は違うが、南インド・ゴアの海岸で見たアラビア海に沈む赤い夕日を思い浮かべた。「赤い夕日よ燃え落ちて~」、昭和34年(1959)小林旭が歌った「ギターを抱いた渡り鳥」だ(西沢爽・作詞)。そうか、夕日は燃えて落ちるのか。一日を燃焼し尽くして眠りに落ちる・・・。そんな日がこれまでにどれほどあったことか。夕日を眺めていると寂寥感とともに、なにやら焦燥に似た感情が湧いてくる。

 休みの夜、団塊世代が4人で飲んだ。1人が、90歳になる母親を日光に連れて行った時の話をした。「もう無理だ」と石段の途中で足を止めた母親に、「負ぶされ」と彼は背中を向けた。もちろん生まれて初めてのことだ。
「おふくろ照れちゃって、がんばって登るっていうんだよ」
 話しながら彼の眼に涙が滲んだ。聞いていた3人も眼がじわっとなった。3人にはもう親はいない。
c0223879_1213480.jpg

 紫陽花の季節になった。 
[PR]

by yoyotei | 2012-06-19 12:14  

バラバ

c0223879_10313419.jpg

 朝の日差しに誘われて外に出た。日差しがあるのに肌寒い。近所に住むOgataさんが「日食だよ」と挨拶がわりに声をかけてきた。5月21日の朝だ。テレビなどで騒いでいたのに、特に気にも留めていなかった。太陽を見る観測用の眼鏡もない。家に帰ってテレビをつけると、ほとんどのチャンネルで見事な金環日食を映し出していた。

 天照大御神が天岩戸に隠れた神話は、「日食(日蝕)」なのではないかという見方があるらしい。ならば、イエスが磔刑になり、息が絶えるときの聖書の記述も神の奇跡ではなく、日食なのではないかとの想像も可能だ。もちろん専門家の間ではありふれた見解だろう。
「昼の十二時より地の上あまねく暗くなりて、三時に及ぶ」(マタイ伝27章)「昼の十二時に、地のうへ遍く暗くなりて、三時に及ぶ」(マルコ伝15章)「昼の十二時ごろ、日、光をうしなひ、地のうへ遍く暗くなりて、三時に及び」(ルカ伝23章)。 
 私が所持している古い聖書のこれらの部分には蛍光ペンで線が引いてある。だが、私の関心は、この日食らしい現象の記述よりも、この場面に登場する「バラバ」という人物にあったのだ。(バラバはヨハネ伝18章にも登場するが、ここには日食らしい記述はない)

 高校生の頃、田舎の映画館で、私は『バラバ』(1962年公開)という映画を見た。特に大きく宣伝されたわけでも、話題になったというわけでもなかったが、私には強く記憶に残った映画の一つだった。バラバを演じた主演のアンソニー・クインの印象も強烈だった。『道』(1954年公開)は数年後に東京・新宿の「日活名画座」で見たはずだから、その中でのザンパノ役アンソニー・クインよりもバラバとしての彼が、私にとっての初お目見えだった。
 さらに、後になって『バラバ』の原作が、スウェーデン文学の巨匠ペール・ラーゲルクヴィストのノーベル賞受賞作「バラバ(BARABBS)」であることを知る。小説「バラバ」は尾崎義によるスウェーデン原本からの翻訳によって1953年に岩波現代叢書として発行された。私が入手したのはそれから14年も経った1967年で、18刷とある。
 新約聖書に登場する極悪人バラバは、民衆の要求によってキリストの代わりに赦免されるが、聖書にはそれ以降のバラバの記述はない。小説は、赦免され自由になってから最後に磔刑になるまでの、バラバの運命と内面的な変化を主題に、創作されたものだ。
 日食らしい場面は小説ではこのように描かれる。
「すると突然、丘(ゴルゴダ)の上全體が、まるで太陽がその光を失ったかのように、暗くなり、ほとんど闇のようになった。そして暗黒のなかで十字架の男が大聲で叫んだ<神よ、わが神よ、なぜおん身はわたしをお棄てになったか>その聲は怖ろしいように響いた。何の意味で彼はそういったのか?また、なぜ暗くなったのか?これは白晝のことではなかったか」
 
 小説「バラバ」の終わりはこうだ。
『(磔刑になった者たちの中で)バラバだけは、まだ獨り生き殘っていた。死が、あれ程までに怖れ續けてきた死が近いと感じたとき、彼は暗闇のなかへ、まるでそれに話しかけるようにいった。
ーお前さんに委せるよ、俺の魂を。そして彼は息絶えた』
 その部分で問題があると、翻訳者が解説している。すなわち<お前さん>とはいったい誰なのかということだ。主なのか、漠然とした暗闇なのか。バラバ自身、自分では意識しないでイエスに話しかけたのではないか・・・。
 私の記憶が確かなら、映画のこの場面では十字架上のバラバは、字幕で次のようにつぶやいた。
「あんたに俺を任せるよ。あんたが誰かはわからないが・・・」
 そして、アンソニー・クインのバラバははっきりとこう言って息絶えた。
「This is Barabbas」

 ところで、この日の日食を、私は自分の目で見ることはできなかった。目を傷めない観測用の眼鏡がなかったからだ。知人の医師はレントゲン用のフィルムで、常連客の電気関係者は黒のビニールテープで観測したと聞いた。 
[PR]

by yoyotei | 2012-06-06 12:21