<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

8.11/投げ銭ライブやります

c0223879_7505869.jpg
『旅と鉄道』(朝日新聞出版)の今年1月号に「18きっぷでやってくる奇妙な男たち」と題した記事が載った。「達人たちに学ぶ青春18きっぷ術08」という連載もののひとつらしい。小見出しに<ライブツアーで全国を回るしんちゃん>とあって、そこにはこの記事のライター杉崎行恭さんが、奇妙な男のひとりとして、低コストの移動手段で旅を続ける京都在住のフォークシンガー・しんちゃんを次のように紹介している。

「五十路を超えようかという風来坊で、このたび看護師をして生計を支えてきたオカミさんと大喧嘩して自宅を追い出されしまった。仕方なく、電気も通わない知人の物置に居住するというニューオリンズのブルースミュージシャンのような暮らしを続けている。自称「エイティーン・チケッターズ(18きっぷの旅人)ですねん」というしんちゃんから「スギザキさん、また泊めてくれはりますやろか」という連絡を受けると、近所のカフェやお寺の本堂を借りて彼の投げ銭ライブを企画するのが僕の仕事となる」

 先夜、そのしんちゃんが突然フラッと夭夭亭にやってきた。電話をもらったり、旅先から便りが届いたりはしていたが・・・。今回は青森・北海道のライブツアーへ向かう途中だという。もちろん18きっぷを使っての、「20世紀初頭のアメリカで、町から町へ貨物列車で渡り歩いた家なき労働者たちHobo(ホーボー)」(記事から)そのものである。
 しんちゃんこと楠木しんいちさんは、うまそうに生ビールをあおってから切り出した。
「来月、金沢でライブがありまして、その後こちらで歌わせてもらえたらと・・・。その夜は泊めてくれはりますやろか」

 8月にはお盆の頃に今年で3回目となる「プレミアムパーティー」の予定がある。しんちゃんにはそのパーティーで歌ってもらえたらと考えたが、プレミアムパーティーの期日は娘たちの帰郷に合わせることもあってそううまくはいきそうにない。

 ということで「しんちゃんの投げ銭ライブ」を夭夭亭で行なうことになった。期日は8月11日(土)だ。普通に飲みながら、しんちゃんの歌で真夏の夜を楽しみたい。
 歌だけでなく、風来坊で奇妙な男しんちゃんの生き方や人柄に触れてみるのも一興だ。カミさんに追い出された人や、追い出されそうな人もどうぞいらっしゃい。
c0223879_7513556.jpg

[PR]

by yoyotei | 2012-07-30 12:31 | Comments(2)  

今は夏・・・③

c0223879_1155132.jpg

c0223879_11552920.jpg

c0223879_11554937.jpg

c0223879_11562571.jpg

 梅雨明け後の日曜日。熱い太陽。灼けた砂。微風もないベタ凪の海。水平線の向こうに粟島、西には遠く佐渡がかすかに浮かぶ。
 バーベキュー・イン・瀬波温泉は、こんな好天に恵まれて、週末常連組を中心に約30人もの参加者で賑わった。
 面白いと思うのは、こうした非日常的な集まりになると、個々人が普段とは違った動きや能力を発揮することだ。野菜をメインに材料の下ごしらえをしてきたMika。マイクはピーナッツバターと蜂蜜をはさんだサンドイッチと、チーズスプレッドをトッピングしたセロリスティックを自宅で調理して持ってきた。しかも、持参した材料でホットドッグの調理に余念がない。やはりアメリカ人ののだ。Mooryとその仲間(Hoshi&Taka)は炭火を熾し、焼き物担当になった。大量の飲食材料を買いに走ったのはMaya。あれやこれやで結局、全体を統括したのは、その姐御キャラのMayaだった。
 
c0223879_11581184.jpg

 それにしても、これだけの人を集めたのはMurata兄の「集人力」だ。優れた特質だと思う。
「マスターは会費だけ握り締めて来ればいいよ」
 あるのは「老人力」だけの、最高齢の私にはMayaからそんな声がかけられた。いたわりと受け止めておこう。 
c0223879_1222666.jpg

 近づいてくるカモメたちに肉片などを投げてやる。そのなかに変な動きをする一羽がいた。見ると釣りのテグス(釣り糸)がくちばしと脚にからまっている。くちばしは半開きになったまま閉じることができない。そのためにようやく肉片を咥えても飲み込むことができないで落としてしまう。両脚がテグスでつながった、その片方はテグスで締め付けられてちぎれそうになっている。食べ物を奪い合う事もできないそのカモメは、たった一羽だけで何度か私たちに近づいてきた。捕獲してテグスを取ってやろうと、数人で試みたが駄目だった。助けてやろうとする私たちの意図は彼には通じない。テグスを放置してこんな目にあわせたのは人間だ。
 この一羽は群れとは離れているようで、肉片を飲み込むことができないまま飛び去った。
c0223879_1224874.jpg

 賑わっていた浜辺に黄昏が迫ってきた。仕事を終えたHideさんが後片付けの手伝いにきてくれた。その後、週末常連組は私の店で、Hideさんを交えた軽い二次会になった。彼らはもう次の野外パーティーの計画に入ったようだ。
 次の日曜日、私は仲間とキス釣りの予定だ。釣ったキスの天麩羅で飲むという、20年も続いている恒例の行事だ。浜辺でたわむれる水着ギャルも酒の肴になる。だが、けっして不埒なふるまいはできない。私たちのテントには大きく「村上釣友会」と書いてある。
c0223879_644531.jpg

c0223879_651143.jpg

c0223879_653799.jpg

 子どもたちが打ち鳴らす鉦の音。23日は地蔵祭りだ。店のある町内では配られたぼんぼりが家々の玄関先に掲げられる。私の店のぼんぼりには「大関になるまでが強いのね」とあった。だが、皮肉な事に名古屋場所では大関日馬富士が見事な全勝優勝を飾った。別のぼんぼりは「会わぬ夜はぬれて七夕様のそで」と悲しくも甘美だ。

 万葉集巻の第十には七夕の歌が並ぶ。

 天の河い向かい立ちて戀ふるとに言(こと)だに告げむ嬬(つま)問ふまでは
 牽牛(ひこぼし)と織女(たなばたつめ)と今夜(こよい)逢はむ天の河門に波立つなゆめ
 年の戀今夜盡くして明日よりは常の如くやわが戀ひ居(お)らむ
 
 万葉人(びと)は星空のドラマにおのれの恋を重ねた。それは現代人も同じだろう。
 来月は月遅れの七夕祭。獅子舞が家々を巡り、元気のいい山車が通りをうねる。ここに恋の情趣はないが、暑さをもエネルギーに変える若さがある。
 夏の本番は始まったばかりだ。
  
[PR]

by yoyotei | 2012-07-24 07:09 | Comments(2)  

今は夏・・・②

c0223879_9424538.jpg

 背丈よりもはるかに高いひまわりが満開だ。このひまわりは近所のもので、一人暮らしのこの家の主(あるじ)は手術のために開花を待たずに入院した。丹念に手入れをしていたのに・・・。高齢の主が家に帰ってくるのはいつになるのだろう。
 わが家も同じ種をもらって植えたが、植える時期が遅かったために開花にはもう少し時間がかかる
c0223879_9185835.jpg

 左からYoko,Emiko,Kozueさん、いずれも看護師さんたちだ。若い医師たちと遅い時間になだれ込んできた。夏の夜、ちょっと飲みすぎた人もいたりして・・・。ギターを弾いて歌い、実年齢を言ったら驚かれた。もっと若いと思われていたのか、もっと年に見られていたのか。
c0223879_7171466.jpg

c0223879_7175727.jpg

 こちらはYukaさん(左)Rumiさんの二人。飲食店で働く同業者のふたり。若さが満開だ。走る料理人Oobaさん(左端)は、この夜アルペジオ・スリーフィンガーのギターテクニックを披露した。Yukaさん、三線(サンシン)すぐに弾けるようになるよ。
c0223879_1150924.jpg

 今年39年目に突入する私の店に、ついに四代目が来店、酒場デビューをした。
『石亀』さんのSayakaママの長女Tumugiちゃんだ。Emiおばあちゃんに連れられてやってきたTumugiちゃんは御年1歳10ヶ月。もう2、3年経つと2階の階段に腰掛けている曾(ひい)おじいちゃんが見えるかもしれないね。Sayakaママがそうだったように・・・。
 Tugumiチャンが酒を飲みに来るまで、この店が存続しているかどうか。超ムヅカシイ課題だ。
c0223879_1113526.jpg

c0223879_11202974.jpg

c0223879_11283938.jpg

 Emi,Sayaka,Tumugiの女3代それぞれを、このユリで象徴するとどうなるのだろう。
 このユリは「大滝ファーム」で生産されたもの。この夏も数日、収穫を手伝った。近年、そのクオリティー(品質)アップで、市場でも最高レベルの評価をされている「大滝ファーム」のユリ。今の時期だけ、私の店と家は高雅なユリの香りに包まれている。
[PR]

by yoyotei | 2012-07-23 11:53 | Comments(2)  

今は夏・・・①

c0223879_9131438.jpg

c0223879_913377.jpg

 パッションフルーツの花と果実。
 わが家の庭で栽培といいたいところだが、これは温泉の旅館やホテルから出される生ごみと、し尿処理施設の汚泥をエネルギー源として利用したバイオマス発電で運営している「南国フルーツ園」で栽培されているものだ。瀬波温泉にある。
c0223879_9143650.jpg

 村上大祭の宵宮に集まった同窓生と、その配偶者たち。中央のKoike夫妻は昨年12月以来、横浜から帰郷した。左右はSugawaraさんとMurayamaさんだが、その配偶者は写らなかった。同年輩の夫婦が集まると、それぞれのキャラクターが際立って面白い。偶然、来店した同窓生のSakuraiさんも加わって、思いがけない同窓生交歓となった。
c0223879_9152531.jpg

c0223879_9155396.jpg

 本祭りは午後から雨になった。梅雨のさなかの祭りとはいえ、やはり晴れて欲しい。露天商もおしゃぎり(屋台)を引く人たちにとっても・・・。
c0223879_21144198.jpg

 祭りの夜、店は新発田市からネット情報でやって来たNaokoさん(左)とYasukoさんの陽気なおしゃべりから始まった。そして、マイク、Hideさん、Murataさん、Mayaさん、Morimotoさん、Mikaさんなど、週末常連組も集まった。
c0223879_9265849.jpg

 Oobaさんのお連れ。Mie(左)&Miyuki(右)さんのふたり。Mieさんは元パテシエで現在はエステシャンだそうだ。
c0223879_9261053.jpg

c0223879_9273173.jpg

 この夜のサプライズはYu-minさんが連れて来てくれた3人の女子。バイオリンやビオラを持参で、祭りの夜の「にわかコンサート」となった。Yu-minさんは左手の奥でチェロを弾いている。Jojiさんもブルースハープで参加した。
「情熱大陸」はよかったね。
c0223879_928211.jpg

 私がギターを手にすると誰かがカウンターに入る。この夜は料理人Oobaさんが・・・。
 祭りの夜が更けて、閉店は午前3時。マイクさんの前にはバーボンのボトルが2本、空になっていた。
c0223879_15482794.jpg

c0223879_15485264.jpg

 新潟市でおこなわれた「7.8原発ゼロ!にいがた県民大集会」に参加した。前日の村上大祭は雨だったが、この日は朝から晴れ。会場は「東北電力ビッグスワン」に隣接する新潟県スポーツ公園。参加者は主催者発表で2,700人。
 福島県浪江町の馬場町長から、東京電力への強い怒りをこめた抗議を皮切りに、福島からの避難者の訴えなど、多様な分野からのリレートークの後、「柏崎刈羽原発の廃炉」「原発ゼロの日本」の実現が集会アピールとして採択された。

 毎週金曜日に首相官邸を包囲している原発再稼動反対の「ツイッターデモ」は、驚異的に広がっている。6月日15日/1万2千人、22日/4万5千人、29日/20万人、7月6日/15万人。わ湧き上がる「再稼動反対」の声を「大きな音」といった首相。なんともね。

 県民大集会や官邸包囲とは別に、私の周囲でも「なんとかしなければ・・・」という動きが広がりつつある。そのひとつは①『無情素描』②『普通の生活』③『内部被爆を生き抜く』④『六ヶ所村ラプソディ』⑤『シェーナウの想い』の映画を連続上映しようというプラン。私も世話人のひとりになって始動した。
c0223879_15493598.jpg

c0223879_21592320.jpg

 東京と新潟市から娘たちが孫を連れて祭りにやってきた。置き土産は金魚だ。昨年の金魚は早々に全滅した。来月にはまた来るという孫たちに恨まれないよう、生存に向けた金魚たちの動向を見守る日々が続く。内緒だが、すでに小さいのが2匹も死んでしまった。
[PR]

by yoyotei | 2012-07-11 07:05 | Comments(2)  

チューエイさん

c0223879_15143324.jpg

 全国ソロライブツアーなど、精力的に活動している吉川忠英さんがライブの前夜と、ライブ後の打ち上げで店に来てくれた。ライブは「みちのくギター旅 in CHIDORI」と題して割烹「千渡里(ちどり)」でおこなわれた。
 忠英(ちゅうえい)さんは知る人ぞ知るスーパー・ギタリスト。オフィシャルHPによると、アコースティックギターの第一人者で、中島みゆき・松任谷由実・福山雅治・夏川りみ・加山雄三・Chageなど、ニューミュージック系のアーティストを中心に数多くのレコーディングやコンサートに参加とある。
 申し訳ないことに私は知らないアーティストだったが、年齢が同じだったこともあってか、すぐに打ち解けた。もっともそれはチューエイさんの飾らない人柄があってのことだ。
c0223879_15161141.jpg

 気軽にギターや三線を弾いて、居合わせた客とも馴染んだ。さすがに、その存在感はただ者ではない。
c0223879_15172731.jpg

 翌日、ライブ後の打ち上げでは千渡里ファミリーも一緒に盛り上がった。チューエイさんの物まねにもみんなで笑った。「チューエイさん」「シンさん」と呼び合う仲になって再会を約した。
貴重な出会いを設定してもらった「千渡里」さんに感謝である。
c0223879_1518040.jpg

 5月に出雲大社で結婚式を挙げたMiyakoちゃんも新婚の初々しい顔を見せてくれた。
c0223879_15193512.jpg

 6月23日は「沖縄慰霊の日」だった。
 1989年(平成元年)PTAの全国集会で沖縄を訪れた。観光バスで沖縄戦の傷跡を見て回りながら、「沖縄へ観光で行く気にはなれない」と言った、あの時代を知る人の言葉を思い出していた。
 道路脇に延々と続く基地の高い塀を左に見ながらバスは走った。
「いちばんいい場所は米軍が基地として使用しています」と、悔しさを滲ませるようにガイドさんは話した。右手にはサトウキビ畑が夏の日を浴びて広がっていた。八月末の猛烈に蒸し暑い日だった。
 帰りの機上から眺めたコバルトブルーの珊瑚礁の海は、地上の基地や沖縄戦の惨状には接点を見出すことができないほど美しかった。
 いま、米軍普天間基地(宜野湾市)へのオスプレイ(垂直離着陸輸送機MV22)配備が取りざたされている。このオスプレイはアメリカでは未亡人製造機といわれる欠陥機らしい。こんなものが市街地にでも墜落したらと思うとゾッとする。
c0223879_1522233.jpg

 Wadaさんの仕事関係のご一行様だ。
 Wadaさんは左端にいて画像には写らなかったが、先日のチューエイさんの来店時に居合わせなかったことを悔しがっていた。横須賀生まれの彼にとっては、チューエイさんは伝説の神様のような存在らしい。
 
 Wadaさんについて、どうしても書いて置きたいエピソードがある。
 それは彼の高校時代の修学旅行。男子校でいささかワルな数人の仲間たちは、貸し切りバスの最後部に陣取り、飲酒喫煙をほしいままにしていた。教師たちは見て見ぬ振りだったという。それを厳しくたしなめたのは、彼らよりも少しだけ年長のバスガイドさんだった。彼女の毅然とした、しかしほとんど涙交じりの注意は生徒たちだけでなく、教師たちにも向けられたという。その注意はWadaさんたちの胸を深くえぐった。
 旅行が終わってから、悪ガキたちはガイドさんに手紙を書いた。ガイドさんからも返事が来た。その手紙のやり取り、文通は卒業後もずっと続いた。悪ガキたちが社会人になり恋をし、人生の岐路に立ったときガイドさんはいつも彼らの相談相手だった。そして、悪ガキたちの結婚式には来賓として、必ずガイドさんが招かれた。Wadaさんとても例外ではなく、彼の結婚式の来賓席にはガイドさんが着席した。
 ある夜、Wadaさんがかけた電話に私が出た。電話の相手はそのガイドさんだった。
「Wada君、ちゃんとやってます?」
 大会社の支店長が、「Wada君」だった。
 ガイドさんは今、若いガイドの育成にあたっているという。

 6月初めに島根県邑南町からの「NHKのど自慢」の放映があった。邑南町は私が青春前期を過ごした所である。出場者からは特にきわだった言葉の訛りもなく、むしろ底抜けの明るさに戸惑った。あんなに明るい土地柄だったのかとしばし考え込んでしまった。青春時代の鬱屈した自分の暗さを、故郷の土地に結び付けていたのかもしれない。

 そういえば高校同窓会の案内が届いた。今年の会場は滋賀県彦根市。なかなか魅力的なところを選ぶなあ。是非とも参加したいと思っている。
c0223879_7565843.jpg

 今週末は伝統の「村上大祭」だ。本祭りが土曜日(6日)ということで、例年になく帰郷する人も多いことだろう。ここのところ閑散としていた私の店にも、懐かしい顔が揃うだろうか。
c0223879_13493360.jpg
 
 今年も半分が過ぎた。紫陽花が真っ盛りなのにカラカラ天気が続いた。やはり紫陽花には雨がないと・・・。今夕から雨の予報だ。

 8月末に鶴岡市でおこなわれるバレエコンクールの祝舞に出演する事になり、稽古が始まった。作品は16年前に同じバレエ教室から依頼されて出演した「ひとりぽっちの晩餐会」。私の役どころは王様。当時は後ろで縛っていた髪をザンバラにして王冠をかぶったが、いま私の頭にそんな髪はない。パーティグッズの金髪のかつらを入手し、その上に王冠をかぶってみたら我ながらオゾマシイことになった。だが西洋の王様らしくはなった。
 いっしょに舞台に立つのは10数名の女子たち。彼女たちは16年前には生まれてもいない。

 バレエ教室主宰者は私と同年齢。今、リュウマチと戦いながらも精力的に創造活動を続けている。教室を始めて今年で41年目になった。
 やはり私と同年齢のチューエイさんも、まったく年齢を意識させないアーティストだ。彼はかつらではなく自分の髪を茶と金色に染めていた。ウーム・・・。

 今日から7月。同窓会の案内に「青春しましょう!」とあった。この夏、青春するか!!
[PR]

by yoyotei | 2012-07-01 13:54 | Comments(8)