<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

天高しシャガールの絵の青よりも

 この前のブログの最後に「暑さはやわらがない」と書いた数日後、やわらぐどころかいきなり10度以上もの気温低下。ご近所さんたちとの朝の挨拶は「寒いですねえ」に変わった。
c0223879_9202919.jpg
 
 近所の借家に一人で住んでいるKさんは76歳。車を運転しない彼を乗せてホームセンターへ行ったのはいつだったか。その日、彼は何点かの買い物の他に、ミニトマトの苗を買った。玄関先にプランターを並べ支柱を立てて成長を楽しみにしていたが、腎臓疾患が見つかり入院手術という事態になってしまった。その間、これも近くのアパートで一人暮らしをしているOさんが管理を引き受けた。猛暑のこの夏、65歳のOさんはミニトマトやその他の鉢植えのために朝夕欠かさず水を運んだ。
 トマトが赤く熟してもKさんは病院にいた。Oさんは見舞いがてら赤くなったミニトマトをもいでは病院へ持参した。時々は私のところへもOさんは届けてくれた。
 3日前「これでおしまいだよ」と、Oさんが最後の10数個を持ってきた。
 Kさんは片方の腎臓を摘出し、もう片方は放射線の治療を受けている。順調なら11月頃に退院の予定だ。
 このミニトマト、肉を焼くときなどに丸のまま一緒に焼く。生で食べるよりも数倍も甘みが増してうまい。
 私の町内では65歳以上174人のうち、30人が一人暮らしだ。
c0223879_8152774.jpg

「2011年3月11日、亡くなられた方々が本当に伝えたかったことは何だったのでしょうか。ふるさとを追われ、無念の思いで日々を暮らしている人々の痛みは・・・。見えない、聞こえない・・・。原発事故についても(中略)正直よくわからないのです。わからないままこれでいいのかと思いながら・・・。でも忘れてしまうことはできない・・・」
 9月23日『東日本大震災関連ドキュメンタリー/連続上映&トーク』(「映像から暮らしと環境を考える会」主催)の試写会での、発起人で世話人代表・中倉睦子さんのあいさつの一部だ。訥々としているが、彼女のおもいが胸に迫る。
 彼女は27年間にわたって駅前で小さな学習塾を営みながら、介護度4と5の両親を在宅で世話をしている。
「経済より命、と思って暮らしてきたのに、目の前のうんことおしっこの始末に追われて大切なことを置き忘れていたように思えてしょうがなかったのです」
 この日の試写会には20数名の参加があった。10月21日の第1回は映画『無常素描』(大宮浩一・監督)を見る。トークテーマは『復興へのこころざし~怯えを保つということ』。ゲストスピーカーには伊藤夕佳さんを迎える。彼女は福島から新潟市へ避難し、現在カフェを営んでいる。ナビゲーターは普済寺住職。
 会場の200席をできるだけ埋めたい。
c0223879_1022467.jpg

「世界中を歩く人」佐藤由弘さんが脚を腫らした。病院で蜂窩織炎(ほうかしきえん)と診断された。おどろおどろしい病名だが、そんなに珍しい病気ではないらしい。快方に向かっているというから、佐藤さんはまた歩き始めるだろう。風が爽やかな季節になった。 
c0223879_8101547.jpg

「顔立ちは生まれつき、顔つきは作るものよ」(白洲正子『白洲次郎・正子/珠玉の言葉』から)
c0223879_11464354.jpg

 タイトルの「天高し・・・」は著名な俳人稲畑汀子の句。
[PR]

by yoyotei | 2012-09-27 11:48 | Comments(2)  

MURAKAMI2012/INTERNATIONAL TRIATHLON 

 新聞に「65歳以上3074万人」の見出し。2週間ほど前に私もその仲間入りをした。今日は「敬老の日」だ。テレビが日本政府の尖閣諸島の国有化に反対する中国各地の反日デモの様子を伝える。だがこれはもうデモではない。日系企業などへの激しい破壊行為は、見ていてひどくおぞましい。
 数日前に友人と話した。
「領土問題は存在しないと、繰り返してきた日本政府の対応には問題がある。歴史的にも国際法上も日本の領土なのだから、粘り強くそのことを主張しなければ・・・」
「同じテーブルで冷静な話し合いがおこなわれないとね」
「同じテーブルにつくこと自体が難しいよなあ」
「この問題を、長い間棚上げにしてきたのは、日中それぞれに微妙な思惑があったからではないのだろうか」
「竹島をめぐる日韓、尖閣諸島の日中、両方とも日本の植民地支配の歴史があるからね」
 それにしてもここまでエスカレートするとは・・・。

 長女から小包が届いた。手作りパンやら何やらが詰め込まれて「敬老」のメッセージも。

 日が落ちても蒸し暑い。今夜、店は休み。一人酒がまったくすすまない。
 反日破壊行動の映像と、友人と交わした領土問題の議論が頭の中から消えない。眠れないまま手元の本をめくる。『上海の西、デリーの東』(素樹文生・著)。バックパッカーの旅人が体感した中国をはじめとした東南から南アジアの素顔。
 別の1冊は『マンガ老荘の思想』(蔡志忠・作画/和田武司・訳/野末陳平・監修/講談社)だ。中国古典の、これは思想のひとつの体系。その老荘思想と暴徒化する中国人の姿が重ならない。
 ますます眠れない。
 中東各国では、アメリカで制作された「映画」がイスラム預言者を冒涜したとして、アメリカ大使館襲撃が多発している。こちらもやっかいな問題だ。
 真夜中を過ぎても依然として蒸し暑い。
 午前2時をまわった頃、窓の網戸越しに涼風が顔に当たった。それを期にベッドへ・・・。
c0223879_7362459.jpg

 さて「村上・笹川流れ国際トライアスロン」だ。1000人を超える参加者が猛暑の中を駆け抜けた。私もその猛暑の中、今年結婚した長年のMCパートナーMiyakoと共に5時間ほどマイクを握った。今年は夭夭亭週末常連組のMooryとMikaも手伝ってくれたが、なにしろ35度近い猛暑だ。終わってみれば、顔も腕も汗が塩の結晶に変わってザラザラになっていた。
 救護室を覗くと、地元参加のママさん選手が、娘さんと夫に見守られながら熱中症の治療を受けていた。
 この日の最高齢参加者は77歳。疲れも見せない様子でフィニッシュゲイトをくぐった。
 25年以上も続けているMCだが、今回で2度目となるプロのMCとのコラボを体験した。日本語英語ともに堪能なミスター・ダンさんだ。惚れ惚れするほど声はいいし、スピードと臨場感にあふれた英語のトーキングは国際大会にふさわしい。おおいに勉強になった。まねはできないが。
 
c0223879_9323111.jpg

 夜、店で打ち上げをしているところへ、アジアカップに出場した外国人選手たちが来店した。エリート部門で第2位になったディランをはじめとした、ニック、アンソニー、ティム、シェーンなどのオーストラリア勢と、アメリカからのニコラスだ。全員20歳前後の若きアスリートたち。半数は初めての来日だという。
 空港への送迎を含めて彼らの世話に当たったのがNakamuraさん(右手奥の女性)。こんなところでもスタッフやボランティアが大会を支えている。
 かつては中国やウズベキスタンなどからも若い選手たちが多く参加して、名前の正しい読み方に苦慮したことがある。今回は日本在住者も含めて60人あまりの外国人が参加した。まちがった名前のコールをしていたら、ごめんなさいだ。
c0223879_933532.jpg

c0223879_933365.jpg

c0223879_934831.jpg

 Nakamuraさんが手作りの花束を掲げているのが、第2位に輝いたディラン・エヴァンスだと思う。前列右が大会の広報部長Takahashiさん、その横がMoory。さらにその左、腕のレースナンバー15がティム・ジョージ。
 日本海で泳ぎ、沿道の声援を受けながら古い城下町を駆け抜けた、熱く暑かった日本での一日を忘れないで欲しい。
c0223879_10413014.jpg

 この日の夜はこれで終わらなかった。
 看板を消していたにも関わらずDr.Babaご一行7名がなだれ込んできた。翌日はゴルフだという賑やかな面々だ。今年の冬に来店して以来、2度目となるDr.Babaは豪放磊落、虚心坦懐。極度の疲労状態だった私も、しばし疲れを忘れて一緒にウイスキーを呷った。
 写真は初来店時のもので右がDr.Baba。左は医学部で同期だったDr.Murayama。彼は、この日のトライアスロンでは大会副実行委員長を務めながら競技にも参加し、遅くなって店に顔を出し、Dr.Babaとの再会となった。
長い長い一日がこうして終わった。そして、この日も手伝ってくれたMikaから、私は「働き者」の称号を授かった。
 
 以下の写真はその前日15日(土)の賑わいの模様。夏の瀬波ビーチBBQで一緒だった女子たちが店に来てくれたのだ。
c0223879_10375930.jpg

左からMasami、Sastuki、Saoriさん。Sastukiさんはこの夜ドライバー役。今度はいちばん飲んでいたTaraちゃんに運転してもらって飲みましょう。
c0223879_10382713.jpg

 右の女子がTaraちゃんことMegumiさん。ニックネームTaraの由来は聞かなかったがなんとなくぴったりだ。それにしてもよく飲む。
c0223879_10385454.jpg

 BBQの日、Hideちゃん(右)は仕事だった。それでも後片付けに来てくれた。こんな人と長く付き合いたいと思いませんか。Taraちゃん。
c0223879_10392197.jpg

 Moory(左)Sastuki(中)、そしてMurataさん(右)。高校のサッカー部員だったMurataさん。当時のマネージャーがSastukiさんだったのだ。BBQやこの夜の飲み会への4人の女子参加は、この二人の関係から始まった。
c0223879_10395324.jpg

c0223879_10403416.jpg

 そして、いつでもいい思いをするのは私である、らしい。

 次の日曜日から「映像からくらしと環境を考える」取り組みが本格化する。まずは協力者へのアプローチだ。そのための準備会が今日(18日)の午後にある。
 暑さはいっこうにやわらがない。
 
[PR]

by yoyotei | 2012-09-18 11:47 | Comments(0)  

風は秋色

c0223879_6553755.jpg

「今日、ボクは誕生日でね」
「エッ?ホントですか」
「そう、8月29日」
「ボ、ボクもです。8月29日」
 そして彼は免許証を取り出した。 
 感動!のツーショットはかくして生まれた。前任者に代わって新しくこの地域の担当になったある会社の営業社員だ。初来店の初対面でのこの偶然。どのくらいの確立ということになるのだろうか。
 この日、私はいうところの高齢者の仲間入りとなった。
c0223879_848167.jpg

 新潟県では9月・2月を「高齢者見守り強化月間」と定めて、高齢者の見守りや支援に協力を要請している。県内の単身高齢者は67、100世帯、総世帯の8%だという。しかも、この10年間で6割以上も増加しているというから驚く。もちろん私自身も予備軍であることはいうまでもない。
c0223879_981293.jpg

 そんなある日、単身高齢者をおもな対象として、何回目かになる「ハゼを釣って食べる会」を仲間たちと催した。猛暑の日中だが、東からは川面を渡る風、西からは日本海の潮騒。揚げたてのハゼや自宅菜園の野菜の天麩羅をほおばり、冷えたビールをあおる。冗談話で盛り上がり、笑いがはじける。私のギターでナツメロも歌った。こんな自然環境の中に住む幸せを体感する。
 私を含む同年齢の4、5名でおこなう準備や後片付けは結構つらい。だが、こうした集団にあっては「若手」なのである。終了後、その「若手」はわが家に集まって御苦労会だ。
 今年、団塊の第一世代がこぞって高齢者となった。
c0223879_93864.jpg

「ハゼを釣って食べる会」の1週間も前からハゼを釣っておく。当日になって釣るのではみんなの口に入らないからだ。三面川(みおもてがわ)の河口が釣り場になる。川風に吹かれながら椅子に座り、足を水に浸しながら竿を出すのが私の流儀である。
c0223879_10594521.jpg

 選手のレースナンバーと氏名を読み上げる私の目に入ってきたのは、片方の足を引きずりながらゴールに向かって走る選手の姿だった。引きずる足の膝は赤く血の滲んだ布で覆われていた。そして、その膝から下はなんと義足だった。過酷といわれるトライアスロン、それも健常者たちに混じっての彼の懸命な姿。一瞬にして彼の「がんばり」の背後にあったであろう苦悩や葛藤、悔しさに思いが至った。マイクを通す声が嗚咽にならないように、私は・・・。
 何年か前の「村上国際トライアスロン大会」でのことだ。
 ロンドンでは、あるテレビCMがパラリンピックの選手たちを「スーパーヒューマンズ(超人)」と称しているという。障害を克服するだけでもメダルもの。そうした彼らのメダルラッシュが続いている。
 今月16日(日)には「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」が開催される。参加選手1000人を超える空前の規模になる。今年もMC担当でマイクを握る。
c0223879_1074096.jpg

 わが家の実生の胡桃が大量の実をつけた。
c0223879_10362160.jpg

 こちらは平成16年4月に旅立った愛犬チビルの墓標として植えた柿だ。わずかに7、8個だが今年はじめて収穫できそうだ。
 風はすでにして秋色。私の人生も?だがこちらには収穫できるような果実は、今のところ何もない。
[PR]

by yoyotei | 2012-09-07 11:28 | Comments(5)