<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

月をごらんになるのがお好きなのですか?

c0223879_15305566.jpg

目覚めたら午前3時を10分ほど過ぎていた。枕元の『1Q84』<BOOK3>の終盤部分を読み始める。
 ノーベル文学賞が決定する夜、ブックオフで『1Q84』を購入した。村上春樹の作品をあまり読んでいなかったこともあって、せめてこの際と思ってのことだ。ミステリアスなストーリー展開に引きずられて数日かかったが読み終えた。6時10分だった。ナメロウ連れて外に出た。明け方の空を見上げたが一面雲に覆われて「ひとつの月」も見えなかった。
c0223879_1532347.jpg

 高校で教鞭をとるKazamaさんが娘のAyaさん同伴で来店した。Ayaさんの酒場デビューだという。読書家の彼に『1Q84』は読んだかと聞いた。娘にすすめられたがまだということだった。そんなことより娘との酒場デートがうれしくてたまらないKazamaさん、眼鏡の奥で終始、目が笑っていた。
c0223879_1534911.jpg

 こちらは母と娘だ。昨年の村上大祭で交通事故死した吉川さんの奥さんと娘。亡くなった吉川さんも笑うと目元がKazamaさんによく似ていた。ふたりの笑顔に、もう何事にも動じないといった強靭さを私は見た。
c0223879_15354397.jpg

 韓国からの旅人崔聖基さん。崔さんは『居酒屋味酒覧』(太田和彦著・新潮社)掲載の「夭夭亭」と「千渡里」のコピーを持っていた。会話は英語とわずかな日本語。「マスター、竹島は日本の領土だって言ってやって」と私をそそのかしたのは誰だ?この夜、しんちゃんがいなくてよかった。
c0223879_15363713.jpg

 韓国のテレビで10年もスポーツキャスターをしていたという崔さん。詳細な旅のスケジュールには「天地人・上杉家と直江兼続」とあった。漢字はきわめて堪能な人だった。3年後にまた来ると言って、常連組に見送られて駅前のホテルへ帰って行った。
c0223879_19263532.jpg

 この夜は千葉で病気治療中のマイクが顔を見せた。岩船大祭に招かれたのだ。治療の影響で「マスターさんと同じ頭になってきます」と言っていたが髪はじゅうぶんにあった。まだまだ私にはかなわない。2日前に少しビールを飲んで体調を崩したようでこの日は控えた。完治して大いに飲みたいものだ。
 Mayaはこの翌日「映像から・・・」の会に父親と来てくれた。 
c0223879_15381176.jpg

 ちょっと久しぶりのItagakiさんと若い農業人たちだ。
「都市は人間を自由にする」というのが村上春樹文学の底流にある。地方にはさまざまなしがらみがあり、都市での自由はそこからの解放だ。逃亡だという人もいるが・・・。
 しかし、しがらみの消失は自己確認の消失でもある。しがらみのない都市では自分が何者かわからなくなり、周囲も自分のことを認知してくれない。だれかとのつながりを希求するところに村上的恋愛が生まれる。村上文学の世界的なメッセージ性はそうしたところにあると、村上文学に詳しいという専門家が、昨日のラジオで語っていた。ノーベル文学賞の受賞は逃したが、私自身はそれでよかったと思った。
 都市に埋没して自己を喪失する人たち。一方で親子、親戚、知人、同窓生、同級生など多様なしがらみのなかで、自己研鑽と自己確立にはげむ人たち。若い農業者の話を聞いて村上文学のなかの人間関係を思った。
c0223879_15383650.jpg

 勤めていた銀行を辞めて農業の世界に飛び込んだTokitaさん。農業大学校に通ったりしての本格的農業女子だ。酒の飲みっぷりもいい。スカッと思い切りのいい生き方を貫く人だろう。
c0223879_15401211.jpg

 この夜は「宵の竹灯籠祭り」。Kayoさんがウサギのグレイを連れてきた。ウサギも人を見るようで私に抱かれては落ち着かないようだった。白馬にまたがった王子様の到来を待ち続けているKayoさん。しばらくはグレイがパートナーか。
c0223879_16572143.jpg

「映像から暮らしと環境を考える」の第1回は映画『無常素描』を鑑賞した。参加者は約80人。この日のナビゲーター普済寺の角一住職の「無常」「少欲と知足という生き方」についての話は味わい深かった。世話人というか開催のスタッフたちだ。
c0223879_1658165.jpg

 ゲスト・スピーカーの伊藤夕佳さん。震災の直後に福島県から娘3人と共に避難。新潟市の仮設住宅に移り住む。1年前に喫茶店の開業を決意して料理学校に通い、現在古民家を改装して「かふぇかじ川」を開業している。
 福島ということで子どもから車に石を投げつけられたり、旅館から宿泊を断られたなどの涙まじりの体験談。子育ての中で放射能への恐怖から非難した人たち。故郷から離れたくなくて留まった人たち。両者の間に確執が生まれているという。共に暮らしてきた人々が分断されようとしている。
 震災直後、町の明かりがすべて消えて星だけがとてもきれいだったという話が妙に印象的だった。私のなかで角一住職の話と連動したのかもしれない。
c0223879_1541292.jpg

 テレビの運勢で私の生まれ月は金運が上昇と出た。その直後に忘れていた財布を発見。インドのカネが2百数10ルピー入っていた。700円ほどか。インドでは安宿なら1泊できる。
c0223879_15412888.jpg

 応募したことも忘れていた日清チキンラーメンのプレゼント。なんと5000円分の商品券が当たった。応募するのも珍しいが当たるのはもっと珍しい。これこそ金運上昇だ。いいぞいいぞ!占いも当たる事があるんだ!。

 ところで昨日、妻が大量のキノコを採ってきた。食べられるものか毒なのかよくわからない。うまそうだが食べないでいる。当たりそうな気がするのだ。

『1Q84』には月が二つある世界が出現する。
20年ぶりに再会した青豆と天吾。ホテルのフロントに月を眺められる部屋を頼む。

「月をごらんになるのがお好きなのですか?」
「それは大事なことなの」と青豆は微笑んで言った。「とても」
 
 私には特に月を眺める趣味はない。だが「ツキ」はいい。金運上昇が続いて欲しい。
[PR]

by yoyotei | 2012-10-25 11:48  

人生の初期化ができたなら

c0223879_0304577.jpg

「26年ぶり」とYasukoさんは言った。
「あの頃はバブルの絶頂期で、よく来たのよね」
 26年前というと店の大規模改装をした直後の頃だ。彼女は融資を受けた銀行のカウンターに座っていた。いつでも弾けるような笑顔の応対。私ならずともファンが多かった。
 これまでには人生上の大きな変化もあったようだが、なあにその笑顔で乗り切ってきたんだ。若い時代だけが人生ではない。人生の本当の滋味がわかるのはこれからだ。
 左(Yasukoさんの同僚)右(おなじみのMurata兄)の男子は高校の同期生。2人は1周間ほど前に店で20数年ぶりの偶然の再会。
 この夜はYasukoさんと共に、このショットとなった。
c0223879_0313865.jpg

 そして、やはりYasukoさんはその場の「花」になる人だ。彼女の笑顔がみんなに伝染した。
 花といえば、私の右隣Ootakiさんは米と花を栽培している農業のエキスパートだ。
c0223879_0164999.jpg

 同じ夜。こちらも長い付き合いの商工会議所のメンバー。考えてみると大規模改装の相談にのってもらったのがきっかけだから、やはり30年近くになる。確定申告では毎年お世話になっているが、申告期限ぎりぎりになって出向くのが私のこれまでのパターン。来年は早く行く予定ではある。
 ところで、ほら「あの」カサブランカを栽培しているのが、Yasukoさんと一緒に写っているヒゲの人Ootakiさんなんだよ。紹介するのを忘れてた。来年の夏また届けるからね。
c0223879_024384.jpg

 こちらは建築資材会社の送別会の流れ。なにやら最後の訓示でも垂れているのか・・・。
 この「訓辞おじさん」(左から2番目)は「村上釣友会」の仲間でもある。最近は釣りに孫を連れてくるようになった。建築業を息子が継いでくれたのは嬉しいが、気がかりはまだ結婚しない2人の娘のことらしい。
c0223879_0242671.jpg

 この夜の「主役」は食欲旺盛、活気横溢、笑顔満面。私の見立てが正しければ、彼は「大物」になる。私のカレーを「旨い旨い」といって食べてくれた彼が「大物」にならないはずがない。
「訓示おじさん」ことKobayashiさんは、この建設資材会社の顧客だ。このとき彼は訓示ではなくお礼を述べていたのだった。
 Kobayashiさんは誰もいなくなってからしみじみと言った。
「彼には本当に世話になったんだ」
 お金を払う客が礼を言い、世話になったと感謝をする。
 仕事や商売を通じて人が出会い、人間を学ぶ。
c0223879_625541.jpg

 職場の仲間たちが、仲間の結婚を祝った。普段着のパーティだからこそ率直な祝意が伝わる。
c0223879_6164210.jpg

 新婚のJuri&Humikazuのお2人さん。幸せは逃げ足が速いらしい。しっかりつかまえていてね。
「この店でお祝いをすると必ず幸せになる」。そんな伝説はまだないか。お幸せに。
c0223879_6132337.jpg

 この夜は週末、しかも3連休の初日。Mayaさんからのお土産げ栗焼酎で、Mika、Murata兄、Hideの各氏も盛り上がった。頭を抱える男子2人はMayaさんに叱られたのか?
 最後には彼らも一緒に新婚さんたちを送り出した。

 ノーベル医学・生理学賞のiPS細胞。どうやらキーワードは「初期化」のようだ。可能ならどこを初期化したいか。難病や重病を抱えていない私としては、初期化して人生のやり直し。これも考えたら結構しんどい。
 文学賞は村上春樹が有力だという。彼は「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」に何回も出場している。何度かは懸命に走る彼の表情をまじかに見た。「作家の、ノーベル文学賞候補の・・・」といったMCコメントは彼のサイドから、やめて欲しいとの要望もあった。
  医学・生理学賞の山中伸弥教授も「走る人」だという。学者・研究者、そして作家も、今日ではアスリートの顔も持つ。受賞かどうかは、日本時間の今夜、決まる。
[PR]

by yoyotei | 2012-10-11 07:50  

佐渡へ佐渡へと草木もなびく

c0223879_10172680.jpg

 この日曜日は一人暮らしの高齢者たちと食事会だった。14人ほどの集まりで、この日は新入会員2人の歓迎会でもあった。もちろん酒も飲む。世話役の人が歌集を作ってくれて、抒情歌や歌謡曲を歌った。伴奏は私のギター。酒を飲みながらなので、ほとんど店でのノリだった。
 私の隣には昭和8年生まれのMinekoさんが座った。結婚もせず、子どももいない彼女は愛犬と暮らしている。そのMinekoさんが広告チラシの裏に書いた短歌を見せてくれた。
 
  電波でネ妄想化させる世の中はやめてと願う老犬のタカ(タカ)
  これでもネこれでも不足と人間は己もつぶし地球もつぶす(タカ)
  地球もネ世界もひとつそこに住む人人人の心は(も)ひとつ(ムック)
   
 タカ、ムックは愛犬の名前だ。愛犬たちと語り合いながらMinekoさんの視線は厳しい。

 犬よりも血も涙もなき人間が平成に入り増え続けてゆく(ほうれん)

 ほうれんはMinekoさんの歌人としての名前らしい。
 この翌日、若い母親が子どもを虐待死させたというニュースが伝えられた。

 この日、私はひとつの提案をした。「みんなで芝居をやりませんか」という提案だ。それも「瞼の母」「一本刀土俵入り」など、特に高齢者にはよく知られた義理人情や恋愛もの。私が選んだのは「佐渡情話」だ。佐渡に伝わる民話を元に、新潟県出身の浪曲師・寿々木米若が台本にして自分で口演し、これがヒットして出世作になったという作品。先日、この浪曲を聞き取り活字に起こした。これをベースに独自の台本を作る。舞台照明の器具はすでに借りる手配ができた。
 80歳のあの人にお光を、76歳のあの人は吾作・・・。配役を考えると、もうそれだけで笑いが浮かんでくる。芝居は役者だけではできない。裏方も重要だ。高齢者といえども何かしら関わってもらう。ああだこうだと楽しみながら、みんなで芝居をつくる。
 こうした私の提案に、たちまち数人の高齢女子が集まってきた。実現できそうな気がする。
  
 佐渡へ佐渡へと草木もなびく 佐渡は居よいか住みよいか 
 歌で知られた佐渡ヶ島 寄せては返す波の音 飛(た)つや鴎か群れ千鳥
 浜の小岩にたたずむは 若き男女の語り合い
「ねえ吾作さん、明日はお別れね。柏崎へ帰ったら、どうせ島で育った私のことなんか、すぐに忘れてしまうのでしょうね」
「馬鹿なことを言うんではないよお光さん・・・」
c0223879_9544780.jpg

 台風が過ぎ去っても、天気がすっきりしない。
 庭の金木犀が満開だ。むせるような、濃厚な香りを放っている。
 10月になった。今年もあと3ヶ月。早い。
[PR]

by yoyotei | 2012-10-03 10:39