<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

坂下(バンゲ)に着いたのは六時であった。ここは人口五千の商業の町である。

c0223879_558398.jpg

好天に恵まれた日曜日、週末常連組と福島県会津へ日帰りドライブをした。新潟県北部の村上市に住んで40年を過ぎたが、周辺の観光スポットなどにはほとんど行ったことがない。私にとっては、行くところも見るものも、すべてが初めてだ。Mayaさんがルートをつくり、運転はHideちゃんとMurata兄の担当。出発と同時に冷たいビールをゴクリ!後は飲んでる間に、あちこちと連れて行ってもらう。ありがたいことだ。
 会津城(鶴ヶ城)、塔のへつり、大内宿を巡ったが、特筆すべきは大内宿の「ねぎ蕎麦」だ。長ネギ一本を箸にして蕎麦をたぐり、長ネギもまたかじるという趣向なのである。乱暴というかケッタイというか、由来もその意味もわからない。薬味としては代表格の長ネギではあるが、しょせんは脇役。しかし、この「ねぎ蕎麦」は、なにやら長ネギが蕎麦を従えているといった風格なのであった。私たち一行にしてから、長ネギでたべるという趣向なるが故に「ねぎ蕎麦」に対面したのであった。
 しかし、「ネギ硬いですから」と、蕎麦を運んできたおネエさんが言ったとおり、その硬さは尋常ではなかった。私はすぐに箸に持ち替え、長ネギをかじるのもあきらめた。越後の「柔肌(やわはだ)ネギ」を知る私たちにとってはあまりにも硬い。それでもマイクだけは果敢にも長ネギをかじりながら蕎麦を食べ終えた。
 夏ネギは硬いのが普通ではある。だが、先ほどわが家にあった長ネギをかじってみたが、あれほど硬くはなかった。会津出身の知人によれば、「今年は生育期に雨が少なかったせいで・・・」ということだった。
 まるで映画のセットのような旧宿場で、重要伝統的建造物に指定されているという大内宿。1878年(明治11)にイサベラ・バードが美濃屋に宿泊したというので、『日本奥地紀行』(イサベラ・バード著/高梨健吉訳・平凡社/東洋文庫)をひもといてみた。
「この地方はまことに美しかった。日を経るごとに景色は良くなり、見晴らしは広々となった。山頂まで森林に覆われた尖った山々が遠くまで連なって見えた。山王峠(サンノー)の頂上から眺めると、連山は夕日の金色の靄に包まれて光り輝き、この世のものとも思えぬ美しさであった。私は大内(オーウチ)村の農家に泊まった。この家は蚕部屋と郵便局、運送所と大名(ダイミョ-)の宿泊を一緒にした屋敷であった」
 イサベラ・バードの記述にはないが、どうやらこの屋敷が美濃屋であるらしい。そして、「村は山にかこまれた美しい谷間の中にあった」と続き、「すばらしい騎馬旅行であった」と絶賛している。 
c0223879_5591725.jpg

 その数日後、朝のテレビがその大内宿を映していた。
c0223879_713698.jpg

c0223879_602272.jpg

「ねぎ蕎麦」を食した私たち全員に、MikaさんとMayaさんが長ネギストラップを買ってくれた。かくして私たちは「長ネギ族」ということになった。 
c0223879_7222479.jpg

 カサブランカ・ダンディOtakiさんの水田に、今年もカモが放された。雑草を食べて秋の稔りに貢献してくれるカモたちなのだ。
c0223879_1056328.jpg

 左からYoshio、Tetuya、Takashi、Naoko、Saeko(敬称略)の林業行政にたずさわる県の職員たち。Yoshioさんは各地を転々として10年ぶりに村上市帰ってきたという。私にはとても10年ぶりとは思えない。ついこの間という感じなのだが・・・。加齢による感覚変化なのだろうか。
c0223879_1056508.jpg

 シャイで可憐なSaekoさんは一升瓶の蔭に隠れて顔を見せてくれない。
c0223879_10573064.jpg

c0223879_10574454.jpg

 Yoshioさんたちが来店した二日後、瀬波温泉一帯で森林整備がおこなわれた。新潟県と瀬波温泉の旅館やホテル関係者が協働して作業するもので、私は勤務するホテルから派遣されて参加した。なんと、そこでYoshioさんと遭遇した。目をこらせて見れば、集合写真にはYoshioさんも私も写っている。
「また行きます」とYoshioさんが言ってくれた。嬉しいねえ。
c0223879_111516.jpg

「長ネギ族」一行は、テレビドラマ「八重の桜」の旗並木を抜けて、竹久夢路や与謝野晶子が愛したという東山温泉で入浴となった。小ぶりだが風情のある温泉だ。入浴後、服を着る段になってソックスが片方ないことに気づいた。脱衣籠をひっくり返してみたがない。不思議である。さらに不思議なのは、私の脱衣籠の近くに、色の似通ったハイソックスが落ちていたことであった。それも片方だけ。私のは黒にストライプの5本指スニーカーソックス。そちらは黒の普通のハイソックス。誰かが間違えようにも間違えるはずがない。泥酔していても履きながら、その違和感に間違いと気づくくらいなものだ。
 それでも私は、一緒に入浴したHideさん、Murataさん、マイクに確かめた。彼らは自分のソックスを正しく両の足に履いていた。そもそも5本指ソックスなんか誰も履いていない。もっと不思議なことに、温泉には、入浴前も入浴中も、着衣中も、私たちのほかには誰もいなかったのだ。狐にだまされたような感覚で、帰路は片方の足は素足で靴を履くほかはなかった。
 後日談である。
「マスターさあ、あの日は朝から片方は黒のハイソックスだったんだよ。大内宿でねぎ蕎麦を食べるときに靴を脱いで座敷に上がったでしょう。あのときにみんなが気づいたんだけど、黙っていようねって」
「とうとうマスターも来るべきときが来たんだなあって」
 バカなこと言ってんじゃあないよ。一瞬エッて思ったじゃあないか。だいいちあんなハイソックス、わが家にはありまっせん!
 東山温泉の、谷沿いの、向かいに崩れ落ちそうな建物が見えるホテルのみなさん。このソックスの片方がありましたら保管して置いてください。嫌疑をはらす唯一の証拠物件です。

「坂下(バンゲ)」は、現在私たちがいうところの会津坂下である。イサベラ・バードは日本の農村部や山間に暮らす人々様子を、きわめて率直な叙述で描き出す。
 タイトルの後、1878年(明治11年)夏の坂下をイサベラ・バードは以下のように記している。
「まさに水田湿地帯の中にあって、みすぼらしく、汚く、じめじめと湿っぽい。黒いどぶから来る悪臭が鼻をつく。(中略)私たちは馬を下りて、干魚をつめた俵がいっぱい入っている小屋に入った。干魚から出る臭いは強烈であった。雨に濡れた汚い人々がどっと入り込んできて、外人をじろじろと眺めるので、あたりの空気までが息苦しく感じられた」
 大内宿周辺を絶賛したイサベラ・バードが、同じ筆で嫌悪をあからさまにする。
 NHKドラマ「八重の桜」のクライマックスである戊辰戦争(1868)から10年後の、イサベラ・バード47歳の会津奥地紀行だった。 

「長ネギ族」こと「チーム長ネギ」は今週末、ちょっとディープな集結をする。
[PR]

by yoyotei | 2013-06-14 07:40  

おれはかんがへる/おれの長い歴史から/なにをして来たか/なにを学問したか/なにを見て来たか。

c0223879_724139.jpg

 釜爺が勤務する「ホテルニューハートピア新潟・瀬波」の最上階、7階廊下側からの眺望。中央手前は臥牛山(がぎゅうさん)とも、お城山とも呼ばれる村上城址の山だ。撮影時には雪を頂いた鷲ヶ巣山が背後に霞んでいた。
c0223879_7162488.jpg

 釜爺たちの休憩室は7階のエレベーター機械室の下にある。この部屋の窓からは日本海が広がる。天候によっては粟島もまじかに見える。このところ離岸堤の工事が行なわれている。テトラポットを海底から積み上げて、侵食されていく砂浜の後退を防止しようというものだ。ダムや河川の護岸コンクリート化によって砂の流入が減少したのが砂浜後退の原因だという。
c0223879_8163749.jpg

 子どもたちが同じ幼稚園ということで始まった親たちの付き合い。3Family、すなわち3F会という。結成して18年になり、それぞれぞれの子どもたちもすでに社会人になった。みんなが独身時代からのお客であったが、それぞれが出会い、結婚して親になった。今は子育ても一段落。年に数回は食事会やら飲み会で親睦をつないでいるが、月々の会費をなかなか使い切れないという。
c0223879_975686.jpg

 豪放磊落なTogashi内科医と看護師Erikaさん。
c0223879_8294512.jpg

 こちらは看護師Akikoさんと男性看護師のHashimotoさん。
c0223879_8243733.jpg

 こちらも内科医のTakaoさんと看護師Maiさん。
c0223879_82576.jpg

 ということでそれぞれがカップルというわけではない。市内の総合病院内科スタッフの面々。
c0223879_826995.jpg

 研修会らしきものがあったようで、東北電力新発田支店などの中堅社員たちがなだれ込んできた。彼らを引き連れてきた牽引者は地元のYamagaiさん。彼とは信濃川や阿賀野川の「筏(いかだ)下り」など、かつては楽しいことをいっしょにやってきた。ほどなく定年退職だろう。白髪長身がその彼である。
c0223879_7172523.jpg

 地元のシニアサッカーチーム「エスペランサFC」は、この日「全国シニア・北信越・第1回新潟予選大会」で準決勝まで進んだ。決勝進出はPK戦で敗れて果たせなかったが、結成2年目で県の3位だ。5時間にも及んだ打ち上げの中で「やっぱ勝ちたかったよな」という声が何度も聞かれた。
 「エスペランサ」はポルトガル語で「希望」という意味らしい。3日前には三浦雄一郎さんが80歳でエベレストに登頂した。まだまだ先があるさ。
c0223879_7192513.jpg

 紅一点はマネージャーMiyukiさん。掲げ持つスマホのサインは「SLICK・HAUSE」。かつての常連Ryoheiさんが営むスノーボードの店だ。しばらく消息を聞かなかったが元気に営業を続けているようだ。「横乗り族」のMiyukiさんがサインを貰うくらいだから、あこがれの存在なんだろう。かっこいい人だからなあ。
c0223879_7221316.jpg

「村上市民ネットワーク」では総会の特別講演で、元自衛官・航空管制官の江端正樹さんの話を聴いた。護憲の立場から「憲法改正をどうみるか」というテーマだったが、学者・研究者とは違う体験を踏まえた話は強い説得力がある。在日米軍と日本政府や自衛隊との関係などの話も興味深いものだった。
 代表を引き受けた「村上9条の会」でも江端正樹さんの講演会開催を決めた。日程は6月29日(土)午後1時~3時、会場は村上市・生涯学習センター2階大会議室。内容は『元自衛官が語る憲法と日本の「防衛」問題』とした。竹島・尖閣諸島をめぐって、韓国・中国と国境問題が起きている今、憲法を守り、隣国と仲良くしていくにはどうすればいいのか。元自衛官という江端さんの講演に興味と期待が高まる。江端正樹さんは地元の県立村上高校の卒業生でもある。
 
 今年も早々と5ヶ月が過ぎた。越後は梅雨に突入しないまま6月も中旬になった。私の釜爺稼業も2ヶ月を越えて一人勤務もどうやらこなせるようになった。
 隣家の本間桂翁は米寿の祝いの後、体調を崩して入院中だ。先日、留守宅の本間家の庭の草取りや庭木の剪定などをした。日差しが入った庭が主の帰宅を待っている。

 カサブランカ・ダンディー大滝さんの水田に、今年もカモが入った。草を食べて秋の実りに貢献してくれる。

 NHKテレビで「天国にいちばん近い村」を見た。高齢者だけになった島根県のある村のドキュメントだ。いい番組だった、というよりも村人の生き様がいいのだ。次回のブログで言及したい。

 マイクの病がすすんでいる。太く硬化した左腕が痛ましい。指先の感覚がなくなった左手はほとんど使えない。9日(日)、そんなマイクを伴なって週末常連組で、会津へ日帰り温泉旅行を敢行した。その報告も次回のブログで・・・。

                       タイトルは『天路巡歴』(萩原朔太郎)から
[PR]

by yoyotei | 2013-06-11 07:00