<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

やったね歩夢君!

c0223879_0492924.jpg

 空中で回転すると、会場につめかけた全員が息を止めた。直後の着地では「ウオーッ」という叫びと喚声、そして拍手。連打される応援棒の音。あの日の早朝、パブリックビューイング会場は、大画面の中の歩夢選手の快挙に燃えた。「いやー、すごいね」「たいしたもんだ」。賞賛の声はさまざま。<感動>を体感し、<感動>が爆発し、<感動>が共鳴し増幅した。
その日の夜、「マスターが載ってるよ」とHideさんが地元紙「新潟日報」の号外を持ってきた。パブリックビューイング会場でのワンショットに私が写っていた。号外には「15歳平野<銀>」の大見出し。さらに「歩夢歴史変えた」「快挙に沸く村上」と大きな活字が躍っている。
 ほぼ同じ時間におこなわれたジャンプ女子では、金メダル最有力選手と期待されていた高梨沙羅選手が4位に終わった。歩夢君の快挙に涙し、沙羅ちゃんの懸命に涙をこらえる表情と、言い訳をしないコメントに涙して、益々ファンになった。  
c0223879_054268.jpg

 歩夢選手が通う村上第一中学校の佐藤校長(向かって右)と教頭先生(左)だ。テレビなど、メディア取材に学校も未曾有の対応の中にあるようだ。小柄な一人の中学生が大人たちや地域社会を、嬉しい混乱に引き込んでいる。 
c0223879_0591155.jpg

「越後では杉と男は育たない」という、根拠不明な文言に先日のブログで触れた。「越後杉」の宣伝キャンペーン中の新潟県林業事務所の人たちによれば、歩夢選手が子どもの頃から練習を続けてきたスケートボードの「日本海スケートパーク」のコースは「越後杉」が材料だという。越後の杉がオリンピックのメダリストを育てた、といってもあながち嘘ではない。
「歩夢選手は村上市をおおいに有名にしてくれた。数億円もの宣伝効果だ」と、市の幹部は語った。市では市営スキー場に国内では数少ないハーフパイプのコースを設置するなどの計画も浮上しているようだ。
 3月からは「町屋の人形さま巡り」が開催される。15回目となった今年は「人形さま仮装大会」が企画されている。メダリスト歩夢選手に扮した、スノボー人形が登場するかもしれない。
c0223879_6562789.jpg

 長い常連のMizutaniさん(左)は博覧強記の物知り。この夜はポピュラー音楽オールディーズに薀蓄を傾けた。右は星野恒夫さん。名刺には「笹川流れのわさび男」とあり、ブログ「越の国かんがわ通信」を開いたら、雪とたわむれる可愛いお孫さんの写真があった。ツンッと鼻に抜ける刺激が<わさび>だが、星野さんの初印象は穏やかそのものだった。
c0223879_72290.jpg

 同じ町内の割烹「千渡里」さんの紹介で初来店の小林夫妻(新潟市)。夫妻でジャックダニエルをグビグビと飲む豪快な酒だった。翌日は夫妻の結婚記念日」だという。「100回目のね」とはもちろん夫人の冗談。夫妻の会話やたたずまいにいささかの無理のない自然さがあった。再度の来店を約束して瀬波温泉の宿へ帰って行かれた
c0223879_791546.jpg

 左から石亀ママ、上村さん、そして郷里村上でママさんコーラスを指導している東京在住の音楽家大滝さん。同窓生3人の、地方の町ならではの酒飲み交流だ。大滝さんは石亀ママが入手してくれたのであろう地元産の銘酒を持ち帰った。東京の音楽仲間と郷里の自慢を肴に飲むのだろう。
c0223879_7153426.jpg

 かつて芭蕉と曾良がニ泊した「井筒屋」は、芭蕉ゆかりの宿として、明治の町屋の風情を残す部屋(国の登録有形文化財)に、一日一組だけ客を受け入れている。この夜は大阪から新潟市での学会に参加したKeigoさんとYasukoさんがその一組だった。海洋生物が研究対象だという二人から<シジミ>の話を聞いた。沖縄ではマングローブを<ひるぎ>といいい、そこには握りこぶし二つ分もの巨大シジミが生息しているとのこと。居合わせたHattoriさん(右)も加わって話が弾んだ。Hattoriさんがカッターボートの経験者だったとは・・・。
 井筒屋に宿をとり、千渡里で食事、その後は「夭夭亭」で飲んで語る。そんな旅の客が増えてきつつあるように感じる。嬉しいことだ。
c0223879_731617.jpg

 今年もMikaさんからの、愛がこもった(?)バレンタインチョコをもらった。Hideさん、Murataさんと男3人で食べた。「ウウムッ」なのであった。 
c0223879_7414786.jpg

 昭和12年2月10日、歌人与謝野晶子は瀬波温泉を訪れ、わずか一泊二日の滞在で45首もの歌を詠んだ。
<いづくにも女松の山の裾ゆるく 見ゆる瀬波に鳴る雪解かな>は、後に地元有志によって歌碑に刻まれ、県民いこいの森に建っている。また、<温泉はいみじき瀧のいきほいを 天に示して逆しまに飛ぶ> は瀬波温泉の旅館やホテルなどのパンフレットで目にすることも多い。私の好きな1首でもある。
 晶子が瀬波温泉で詠んだその他の歌も知りたいと、市の図書館で東海林久三郎氏の冊子にたどり着いた。
 
 うす雪の白象の皮敷ける路 沙丘の坂はかもしかの皮
 三つ四つの女松の山を結びたる 藤むらさきのうす雪の路
 北の海磯の松山雪うすし 御寺の庭のしら鳩のごと
c0223879_6514679.jpg

 現在の松林の一部だ。「晶子が瀬波へ来遊したのは二月、その年は暖冬で降雪も少なかったという」と、村上市史調査員で瀬波地区公民館長だった東海林久三郎氏は『与謝野晶子と瀬波』の「あとがき」に書いている。今年の瀬波温泉も例年にない小雪である。関東では集落が孤立するほどの大雪だというのに・・・・。
c0223879_6534730.jpg

 松山と松山の中雪白く 村上の灯がそのはてに點く
 安らかに松山ならぶ雪光る 越の瀬波に春雨ぞ降る
 三面の雪山白き雲にあり 彫られし如し大理石にも
 不覚にも二月の越の旅人が 雨の音をば愛して篭る
 暖し長岡の雪いではにも いくばくもなき岩船の雨 
c0223879_815416.jpg

 この冬、いちばん雪が降った日の朝だ。だが、除雪のスコップを手にすることもなく二月がいく。

「ふるさと紀行」と題して地元紙に連載している郷土史愛好家の大滝友和さんが作家田山花袋を取り上げた。大滝さんの生地は「奥の細道」の芭蕉と曾良が一泊した北中という集落だが、その北中が田山花袋の小説「廃駅」の舞台になっているというのである。「はてなの探求」を続けている大滝さんは、なぜ田山花袋が北中を小説の舞台に選んだのかを知りたいと書いている。田山花袋の紀行文に、おそらくはなぜ?の答えがあるだろう、ということで次回の連載記事を待つことになっている。
 次回は3月2日だ。この日は平野歩夢選手の凱旋パレードとトークイベントがある。「町屋の人形さま巡り」と重なって賑わうことだろう。
[PR]

by yoyotei | 2014-02-28 00:03 | Comments(4)  

甚(じん)を去る

c0223879_4314548.jpg

カールママの妹さんの家から野菜をもらった。長さ40センチもあろうかという大根、この地では珍しい聖護院(しょうごいん)大根、そして白菜。大根は鉈割のように大ぶりに切り、昆布を入れて水煮にしておき、数種類の食べ方で楽しんだ。風呂吹き大根、鰤(ぶり)大根、真鱈のアラの味噌汁仕立てに豆腐とネギ、そこへ水煮の大根を加えた鱈汁、牛スジ肉との煮物・・・。
 聖護院大根は鰰(はたはた)寿司に使った。鰰、人参、米麹、ご飯とともに重石をして甕(かめ)の中だ。作るのは初めてで食べるのも・・・。ひと月後が楽しみだ。
 白菜はこの冬、高値だ。切り昆布、輪切りの鷹の爪を入れて漬物にした。噛むとほのかに白菜の甘みが伝わってくる。白菜漬けのうまさを再発見したのは良質の白菜のおかげかもしれない。
c0223879_450288.jpg

 新しい仕事にも慣れてきたMurataさん(中)だが、冬は厳しいと思う。だが、今のところ暖冬小雪傾向。両側は女友だちのSatsukiさん(左)とMariさん(右)。Mariさんは一月末、カナダへ語学留学に旅立った。新しい就職へのスキル・アップ第一歩。がんばれ!心からエールを贈る。 
c0223879_5101584.jpg

c0223879_511741.jpg

c0223879_5114351.jpg

小規模多機能の介護施設で働くSugaiiさん(左)、社会福祉関係の団体職員Matsudaさん(右)。新潟市に住んでいるNorikoさん(下右)は、実家がある当地に帰ってくると顔を出してくれる。この夜は強い結婚願望を持つMatsudaさんを中心に、なぜか「コートジボワール」(?)で盛り上がった。Matsudaさん可愛かったね。
c0223879_712026.jpg

 新潟県の林業事務所に勤務するNamiさん(左)とIshiiさん(右)。
c0223879_7184844.jpg

 同じく林業事務所のAnzaiさん(左)と自称占い師さん(右)。占い師さんによると、私には10年前にちょっとした出来事があったはずだという。手相を見ての宣託だが、思い当たることがない。
c0223879_7241074.jpg

 新潟県は県産の杉を大々的にPRして売り出そうとしている。戦後の拡大造林で杉が植栽され、すでに伐採時期を迎えているが、外国産材に押されてか需要が伸びない。そうした中での取り組みなのだろう。この夜の林業ご一行は揃いの「越後杉」ジャンパーを着用していた。4500円で販売もしているそうだ。
 ところで、<越後では杉と男は育たない>」といわれる。真の意味や根拠は知らないが、豪雪が杉の生育には難敵なのだろうか。<育たない男>は、小林幸子が歌う「雪椿」の歌詞「優しさと甲斐性のなさが裏と表についている」といったあたりが越後の男を象徴しているのだろうか。
c0223879_17195871.jpg

「そんな男に惚れたのだから、私がその分がんばりますと」と、「雪椿」は続くが、Namiさんがそうだということではない。Namiさんは「菜美」と書く。色白で瓜実顔の典型的な越後美人だ。高瀬温泉の老舗旅館「古川館」の娘さんだ。「いずれは婿をとって旅館の女将?」「それはありません」ということだった。
c0223879_7404968.jpg

 こちらはヒマラヤスギ。わが家のシンボルツリーだ。4本あって樹齢は同じ30年ほどだが、成長の度合いはそれぞれにちがう。ここまで大きくなることへの配慮がなく、樹間を詰め過ぎて植えたからだった。
c0223879_748983.jpg

 Anzaiさん愛用の<煙草セット>だ。刻み煙草ではなく、紙巻を短く切って煙管(きせる)で吸うのがAnzai流。
 Anzaiさんは新潟大学で丸山幸平教授に林学を学んだ。丸山先生は自然におけるブナ林の有用性を主張した、日本では先駆的な人だった。ブナ林伐採の反対運動を通じて出会い、交流があったが、鬼籍に入られて何年になるだろう。棺(ひつぎ)には愛用のハンチングが収められてあったが、地下足袋はどうだっただろう、とこのブログに書いたことがある。山歩きにはハンチングと地下足袋が丸山先生のスタイルだった。 
c0223879_758261.jpg

 年明けから読み始めたが、いっこうに読み進められないでいる1冊が『シェイクスピアの墓を暴く女』(大場建治・著/集英社新書/2002年)だ。『「シェイクスピアはフランシス・ベイコンの仮の姿!」そう深く信じた 19世紀アメリカの女性研究者ディーリアは・・・』」と惹句にある。シェイクスピア他人説のひとつで、その真偽を探るものと思って読み始めたが、題名からも惹句からも明らかなように、主題は女性研究者ディーリアの人間像とその周辺人物に焦点をあてたものなのだ。
 著者の大場建治氏は、当地の新潟県立村上高等学校の卒業生で、明治学院大学文学部教授、同校の学長を経て現在は名誉教授。
 1981年(昭和56)に創立80周年を迎えた村上高等学校は、記念講演に大場建治氏を招聘した。当時の肩書きは明治学院大学文学部教授/東京大学教養部講師だった。
 村上高校の卒業生でもない私が記念誌を持っているのは、記念誌の編集責任者だった八木三男先生から贈呈を受けたからだ。すでに故人になった八木三男先生は夭夭亭店名の名付け親だ。

 新書1冊を1ヵ月近くになっても読み終えられないのは、生活環境のせいだ。
 寒くなってから、私はストーブとコタツのある居間で寝起きをしている。居間だからテレビもある、台所もある。トイレも玄関も近い。
 一方、2階の自室にはそのすべてがない。あるのは書棚とベッド。寝そべっての読書を好むので枕元には照明スタンドがある。眠るか本を読むかしかできない部屋なのだ。
 それにくらべると居間はいい。帰宅すると、まずストーブに点火。ビールを持ってきてコタツに座る。温風ヒーターのストーブから温風を送り込むダクトがコタツに引き込んである。座ったらテレビをつける。缶ビールをプッシュと開けてグビグビと飲む。本は開くが興味はテレビに引きつけられる。引きつけられなければチャンネルを変える。よほど差し迫った事情がない限り、テレビをオフにはしない。ビールの追加とつまみを調達するために台所に立つ・・・・。
 『シェイクスピアの・・・』は面白い。ディーリアを取り巻く周辺情況などが多少ややこしいが、じっくり読めば面白さに埋没するはずだ。テレビをオフにすれば、すぐに読み終わるのだ。

 眼の診療に行った病院で関川村のHasegawaさんに会った。
 今から13年前、政府が強力に推進する市町村合併政策で日本中が大きく揺れた。当地でも村上市を含む7市町村合併の論議が巻き起こった。私たち有志は、想起されるさまざまな問題や、地方自治のあり方を見据えた慎重な議論が不可欠だとして、直ちに「市町村合併を考える住民の会」を立ち上げた。合併の対象とされた関川村のHasegawaさんもメンバーの一人だった。シンポジウムのパネラーになったり、やはり合併対象だった近隣の町村に赴むくことも度々だった。人口400人足らずの村上市沖の孤島粟島にも説明会に行った。そして、その粟島浦村と関川村の2村は合併協議から離脱、自律(自立)の自治体として存在している。
 Hasegawaさんは四つの診療科目と、別に整形外科医院にも通っている。表情は明るいが満身創痍だ。それでも現在の政治状況には我慢がならない。テレビを相手にぶつぶつと文句を言うと、奥さんが揶揄するという。
「あんたが総理になればいいじゃあない」
 Hasegawaさんは80歳を超えた。
c0223879_210333.jpg

c0223879_2162150.jpg

 Toriyamaさん(上の左から2人目)は芭蕉ゆかりの宿「井筒屋」の若女将になった。なったというのは、教師を辞めて家業を継いだらしいからだ。教師の夫は粟島浦の学校に赴任している。一緒に飲んでいる仲間は、芭蕉の宿の支援者らしい。らしいを連発するのは、この夜、私はいささか飲みすぎていて、話の詳細をよく覚えていないからだ。上の左の女性は26、7年前に来店しているということだった。
c0223879_2193965.jpg

c0223879_21195218.jpg

c0223879_2116498.jpg

 2月になった。『シェイクスピアの墓を暴く女』は読み終えた。最終章の小見出しは「狂っていくディーリア」「その人の傷ましい死」などとなっている。やはりおもしろかった。もちろんテレビは消して読んだ。

 この春から大学生になる男子を頭に、3人の子の母である長女は、このところ英語学習に余念がない。「ヤング・アメリカンズ」の活動に関わり、ホームステイを受け入れたり渡米したりで、コミュニケーション・ツールとしての英語の必要性を痛感しているのだ。
「ヤング・アメリカンズ」は、歌と踊りのワークショップを通して音楽教育を行なう南カリフォルニアに本部を置く非営利団体。16~25歳のメンバーが世界各国から参加している。
 長女は40歳を超えた。そういえば私がリュックを背に一人インドへ旅立ったのもそんな年齢の頃だった。人生の折り返し点といっていい。自分に刺激を与えるものとの出会い。出会いに遅すぎるということはない。
c0223879_15292522.jpg

 新しい年は一月を早くも通り過ぎた。まもなくソチ五輪が開幕する。当地から中学3年生の平野歩夢(あゆむ)君がスノーボード・ハーフパイプ競技に出場する。歩夢君の父親は長女と同期で、わが家に遊びに来たこともあるようだ。がんばってほしい。

「甚(じん)を去る」(老子) はなはだしく、極端な行動はしない。積極的な行動はよいが、あまりにも極端な積極性は長続きしないから慎んだ方がよいとの意。種をまくと、まず根が生えて下へ伸びる。それから芽を出し、枝をつくり葉を出して花が咲く。自然界に極端な成長はない。(『老子・荘子の言葉100選』境野勝悟著/知的息方生きかた文庫/三笠書房))
 思い当たること、数知れずだ。種をまいていきなり花が咲くなどということはないのだ。胸に刻んでおこう。
 
 無人になった隣の本間家で時計の時報が鳴った。電池が消耗しつくすまで時を刻み続けるのだ。
「また、知らず、仮の宿り、誰が為にか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる」
「方丈記」の一節である。
[PR]

by yoyotei | 2014-02-03 06:25 | Comments(0)