<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

子の燕居、申申如たり、夭夭如たり。

c0223879_610391.jpg

c0223879_632885.jpg

「生活と健康を守る会」総会。総会後の交流会ではギターで全員合唱の伴奏をした。飲んで歌っている間にナメローは旅立っていった。
c0223879_6523276.jpg

c0223879_713699.jpg

c0223879_74285.jpg

 このブログの2012年1月30日「寒波襲来」で、巣箱を作ってヒマラヤスギの幹に取り付けたことを書いた。その後、シジュウカラらしき小鳥が巣箱の穴から顔をのぞかせていたとも書いた。(同年4月17日「さまざまな旅立ち」)その後は出入りしている小鳥の姿も見えないまま3年がたった。手作りの巣箱に小鳥を住まわせるのは失敗だったかなと思いながら、見上げたのがつい先日だった。なんと、スズメがひんぱんに出入りしているではないか。ナメローが昇天した翌々日だった。
 そして、この数日の間に数羽の雛が巣立った。子スズメたちは置いてやった飯粒をついばんでは巣箱に帰っていく。スズメの鳴き声で賑やかな庭になった。
 日差しに誘われてカナヘビも<日向ぼっこ>か。ナメローが死んでから、ことさらに<命>が愛しくなった。
  殺さんと捕えてわれはかなしめりカマキリの子の極小の鎌
                (大阪府/井上欠伸 朝日新聞投稿歌壇)
c0223879_7201561.jpg

 右は大滝聡(さとし)さん。NPO法人/都岐沙羅パートナーズセンターの理事として多彩な活動を展開している。古い常連になった聡さんのプロフィールをホームページから紹介する。
 本業はデザイナー。武蔵野美術大学卒。漆工芸の仕事やアーティスト活動を続けた後、1990年(有)オム・クリエイションを設立。グラフィックデザイン、環境造形、コミュニティデザインに携わる。
 1996年より岩船地域ニューにいがた里創プランのコーディネーターとして参画し、都岐沙羅パートナーズセンターの設立にあたっては中心的な役割を担う。現在、国土交通省地域振興アドバイザー、国土交通省水源地域対策アドバイザー、新潟県地域づくりアドバイザー、新潟県緑の山里アドバイザー、NPO法人まちづくり学校代表理事、NPO法人新潟NPO協会理事など、といった多彩さである。先日のシンポジウム「あすの村上を語る」では、彼のネットで参加を呼びかけてもらった。
 この夜は娘のナミコさん(聡さんの隣)とその友人ユリさんの3人での来店。
 左端は町内の<お祭り男>ソエカワさん。今年の大祭ポスターはソエカワさん宅と夭夭亭がある<細工町>の屋台(おしゃぎり)が取り上げられ、ソエカワさんの顔が大きく出ている。ユリさんにこの村上大祭のポスターを進呈したが持て余すだろう。
 3週間後には町の中心部が絢爛な活気に沸く。
c0223879_7233855.jpg

 <お祭り男>と同じ町内に住むナナちやん(左)と友人のミキさん。深夜にカレーを食べてカクテルを一杯飲んで・・・・。舅(しゅうと)姑(しゅうとめ)と同居し、嫁と母と妻、さらには歯科衛生士をこなすナナちゃんだ。
c0223879_7295989.jpg

c0223879_7325233.jpg

 シンポジウム「あすの村上を語る」が終わった。市長選挙に立候補を表明した4人をパネリストに、それぞれの問題意識やビジョンを問うといったシンポジウム。開催直前になってある候補の後援会が、会場の全席200を支援者を動員して占拠するといった情報が入ったりしたが、そんなこともなく、私たちが意図したようなシンポジウムができた。30人もの立ち見が出るほどの関心を呼んだ。
 会場の向かいにある県立桜ヶ丘高校の女子生徒2年生。タエ、エミカ、アイリ、ヒカリさんの4人だ。このほど、公職選挙法が改定され選挙権が18歳以上となった。今月28日の村上市長選挙には間に合わないが、4人も18歳になれば来年夏の参議院選挙では初めて投票することになる。

 迂闊といえば迂闊、無知といえば無知だった。夭夭亭の<夭夭>が「論語」にもあることを知らなかった。それを教えてくれたのは最高齢の常連サトウ・イチロウさんだった。
「子之燕居、申申如也、夭夭如也」。なるほど『字源』にも出ていた。
『論語』(貝塚茂樹訳注/中公文庫)によれば「子の燕居、申申如たり、夭夭如たり」(先生がくつろいでおられるときは、のびのびとまたにこやかであられる)。
 解説には<燕居>とは、朝、つまり役所から自宅に帰り、うちくつろいでいること。<申申如たり>とは申申をつつしみ深い形容とする説があるが、申申は伸伸、つまりのびのびするという説が正しいとあり。<夭夭如たり>夭夭は『詩経』に「桃の夭夭たる」といったように、植物が盛んに成長しているさまを形容することばである。(中略)人間の容貌にすると、笑いをたたえ、愉快な状態の形容詞だとあった。
『現代語訳論語』(宮崎市定/岩波現代文庫)をみれば「子の燕居するや、申申如たり、夭夭如たり」。孔子は自宅で休息している時は、のびのびと屈託なく、うきうきと楽しそうに見えた、とある。
 また、『ポケット論語』(山田勝美/角川文庫)には<申申如>はのびのびした様子。<夭夭如>は楽しそうな、にこやかな様子とある。『論語講義』(渋沢栄一/講談社学術文庫)では「子の燕居せる。申申如たるなり、夭夭如たるなり」と読ませ、<講義>この章は門人が孔夫子の閑暇にて家に居らるる時の容色を記(しる)したるなり。その身体は申申如とのびのびして少しも窮屈らしき所なく、その顔色は夭夭如と和(やわ)らぎ悦(よろこ)びて、いかにも心広く体ゆたかなるの気象が見ゆるとなり、とある。
 渋沢栄一は日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家。幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学んだ。
 4者の論語解説は夭夭亭「文庫本文庫」の蔵書に依った。本間桂先生の遺本だ。
c0223879_7275794.jpg

 市立中央図書館で保存期限を過ぎた古雑誌のリサイクル市があり、約100種類1年分の月刊誌が1冊10円で販売された。70人ほどがひしめく中でゆっくり選ぶ余裕もなく50冊ほどを購入した。
『中央公論』『新潮』『新潮45』『文学界』など。近年、現代小説を読むことはほとんどない。<申申如也>の心持ちになったときにでも眼を通してみようと思う。、
c0223879_7252217.jpg

 長女からナメローの遺影が届いた。むやみに人に甘えず、毅然として孤高をつらぬいたナメローだった。

 前回、カタクチイワシに触れた。その加工品アンチョビにも言及した。しかし、日本でカタクチイワシの加工品といえば代表格は<煮干(にぼし)>だと後になって気がついた。私が生まれた山陰島根では<イリコ>という。<泥眼(どろめ)>という地方名を聞いたこともある。<シラス>も主にカタクチイワシの仔魚だという。
[PR]

by yoyotei | 2015-06-19 04:35 | Comments(0)  

生まれては死ぬ理(ことわり)を示すちふ

c0223879_5293695.jpg

 瞬間、人の表情がとても魅力的に見える時がある。対象にぐっと意識を集中した時だ。
 豪放磊落という言葉があり、気性がおおらかで小さいことにこだわらない様子をいうが、イチノセさんがまさにそうだ。店に客の姿がなく、気分が落ち込み気味でも、彼が顔を見せると、私は不思議な安心感を覚える。そのイチノセさんが見せた一瞬だ。
c0223879_5142523.jpg

 この夜は会社の若い社員とやってきたイチノセさん。中央は「この人と結婚していなかったら、俺はどうなっていたか」と究極の結婚賛歌を打ち明けたことのあるウチヤマさんだ。(当ブログ2015年1月「喝!」)一瞬の言葉のほとばしりが、その人の真実の吐露であり、人の心を感動で抉(えぐ)ることがある。忘れられない場面を、私に焼き付けてくれたウチヤマさんだ。右はホンマさん。
c0223879_5364099.jpg

 女子グループは左手前から時計回りに、ヨウコ、トモミ、ハルカ、フミエのみなさん。奥の男子は別のグループ(念のため)。
 その中で村上高校の英語教師だった故本間桂先生の教え子というのはトモミさん。それも本間先生が70歳前後で、代理で臨時教師をつとめていたころだったと思われる。

 つい先日、その本間桂先生が新潟県立村松高校で教鞭を執っていたころの教え子2人が墓参にやってきた。その前日に、村上高校時代の教え子瀬賀ドクターから、たまたまそのことを聞いていた。翌日の朝、職場のホテルでフロントの前を通りかかると、男性客2人の会話が耳に入った。
「地図をもらいましょうよ」
 フロント係と2人は顔を寄せて地図に視線を落としていたが、容易に目的地を確認できない様子だ。なにやら天啓のように「もしや」とひらめくものがあった。
「お客様、どちらへいらっしゃいます?」
 声をかけると1人から「大町文庫・・・」という声がもれた。
 瀬賀ドクターから、教え子の2人とは墓参の後、「大町文庫」で会うことになっていると聞いていた。「大町文庫」は瀬賀ドクターが建てた文庫で、本間先生を含む高校時代の恩師3人の蔵書が収めてある。
「失礼ですが本間桂先生の?」
 二人の顔に驚きの表情が走った。
「私、本間桂先生の隣に住まいしております。昨日、瀬賀先生から墓参にこられる方がいらっしゃると伺っておりました。おひとりは東京大学で地球物理学を研究されているということも」
 それも瀬賀ドクターからの情報だった。背の高い方の男性が「それは私です」と応じた。2人が宿をとって前泊をすることは聞いてはいなかった。あまりの奇遇に、しばし呆然とした私だった。
c0223879_5404063.jpg

 こちらのグループは左からアマノ、イトウ、カリヤの3人。アマノさんは博多出身だという。昨年の秋、私は高校の同窓会で博多に行き、好印象を受けた。機会があったらまた行きたいところだ。
 イトウさんは新潟県の森林研究所に勤務している。以前、私が採取した奇妙なキノコを「コツブタケ」と同定してもらったことがある。大学の同期だろうか。3人の<つながり>りは聞きもらした。
c0223879_954496.jpg

 時々の週末に横浜から帰郷する前田さんが、今回は長女のシオリさんを同行した。コンテンポラリーダンス(モダンバレエ)を続けているシオリさん。イギリス、ドイツなどで、レッスンのためのオーディションを受けてきたが、今回スペインのオーデションに合格したという。1年間のくスペインでのレッスンのために、いまはもうスペインの空の下だ。
 すでにして舞台表現者としてのオーラを感じるシオリさん。若いが<言葉>に重みがある。国際的なレベルでのバレエへの取り組みがそうさせるのだろう。バレエが人生となるのか、人生にバレエを取り入れるのか。これからのシオリさんを見続けたいと思う。
 私の孫娘の1人も3歳から同じバレエを続け、やがて15年になる。こちらはどのように展開していくのだろう。
c0223879_922593.jpg

 ノリユキさんという古い馴染みがいる。ある時期から聴力を失ったが、人工内耳を埋め込んで聴力を取り戻した。<音>が聞こえたときの喜びはどれほどのものだったか。
 彼には二人の娘がいる。娘たちはそれぞれ人生のパートナーを得たが、姉と結婚した右のヒロシさんは妻の実家に同居している。妹を妻にしたカツノリさんとは三面川に釣りに行くこともあるらしい。
 娘たちの、そのパートナー同士が酒盃を傾けている。娘の親にとっては、これもまた<幸せ>なシチュエーションだ。ノリユキさん、その<幸せ>を噛み締めているにちがいない。
c0223879_5512734.jpg

 日紫喜と書いて<ひしき>と読む。外科医マリコさん(左)の苗字だ。三重県にルーツがあるらしい。右は看護師のコトミさん。二人ともほぼ同い年の20代後半。カレーを肴に、マリコさんはオンザロック、コトミさんは水割りでグイグイとスコッチを飲む。なかなかの酒豪だ。
 マリコさんの<彼>は内科医だが、医師になる前は東京大学でカタクチイワシの耳石(じせき)の研究をしていたという。耳石は動物の内耳にある骨片。成長年齢が示され、魚類ではこれによって年齢が査定できる。彼はマリコさんより7歳年長なのに医学部の同期なのは、その前歴があるからだ。その二人とコトミさんは<粟島診療所>での接点があった。
 粟島は村上市の岩船港からフェリーで1時間45分の沖合いにある離島だが、全島が粟島浦村という人口365人の小さな自治体だ。2000年から全国を席巻した「平成の大合併」において、新潟県は1999年3月には112あった市町村が、2000年3月には30にまで減少した。減少数は全国1位、減少率でも全国3位という合併優等県であった。そんな中で、粟島浦村は敢然として自立(自律)の道を選んで今にいたる。
 当時、「合併を考える住民の会」のメンバーとして何度か、粟島を訪れて合併慎重論を説いて回ったものだ。最近、わずかだが人口が増えたと聞いた。
c0223879_1133935.jpg

 イタリアから輸入されたアンチョビだ。<春キャベツとアンチョビのパスタ>といった料理に私は使う。小さく刻んでポテトサラダに混ぜたり、ピザのトッピングなど、<大人の味>として楽しむことができる。
 瓶の裏に原材料として<ヨーロッパカタクチイワシ・ひまわり油・塩>とある。カタクチイワシといえばアンチョビだが<ヨーロッパカタクチイワシ>と称する種類もいるようだ。カタクチイワシの耳石を研究していたマリコさんの彼は、話の面白い人だという。そのあたりも含めて研究の一端を聞きたいと思う。

 ところで、村上市では大滝平正市長がパーキンソン病治療のため、5月いっぱいで辞職した。新しい市長を選ぶ選挙は6月28日におこなわれることになり、すでに4氏が立候補を表明している。そうした情勢を受けて、私もメンバーである「村上市民ネットワーク」では「あすの村上を語る」と題したシンポジウムを開催することにした。市長候補の4人がパネリスト(1人は文書参加)、私はコーディネーターを務める。
 自分たちの町はこれでいいのか。住みやすいか。子育てはできるか。安心して歳をとれるか。若者の夢をサポートしているか・・・・・。課題は?対策はプランは?自分たちの町を自分たちでつくるという、住民自治の意識が広がるきっかけになればと思っている。

 暑かった5月が去ったが、本格的な暑さの季節はこれからだ。6月になって梅雨前線が北上している。
 そんな折、マヤさんが7月初旬の<野外BBQパーティー>のプランを持ってきた。うっとうしい季節を乗り切る元気が出てきた。
c0223879_925460.jpg

c0223879_736429.jpg

 上はバラの葉裏に発見したアシナガバチ(?)の巣。下は我が家の物置の天井に建造されたキイロスズメバチ(?)の巣だ。こちらはすぐに撤去しないと危険が及ぶ。

 ナメローが死んだ。
 今年の年明けから体調が悪化していたが、一週間前から何も食べなくなった。流動食を注入してもしばらくするともどしてしまう。昨日は朝から「生活と健康を守る会」の総会に出かけていた。その留守に息を引き取った。新潟市から娘と孫が駆けつけてくれた時には、まだ身体が温かかったという。妻も仕事で外出中だった。覚悟はしていたが、誰もいない中で旅立ったことが不憫だ。14年間、私たちとともに在った家族だった。
 今日は早朝から棺を作り、花とともに納めて、庭の石榴(ザクロ)の根元に埋葬した。わが家における5匹目のシーズーの昇天だ。当分は喪失感に襲われるだろう。
c0223879_11382655.jpg

 生まれては死ぬ理(ことわり)を示すちふ沙羅の木の花美しき
                                     天田愚庵
[PR]

by yoyotei | 2015-06-08 16:37 | Comments(2)