<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<スペシャル・リポート>ハルビン・女たちの夏

 7月13日~15日「ハルビンビール祭り3日間」ツアー(新潟交通主催)に参加した。以下はその印象記である。
c0223879_1223402.jpg

c0223879_14105986.jpg

 日中は28度ほどになる7月のハルビンも、早朝は松花江を渡る風が肌寒さを運んでくる。松花河を北に遡上すれば中ロ国境を越えてハバロフスクに、そこから西へ向かえば国境沿いに河はアムール河と名を変える。
 陽光がさしはじめたスターリン広場や川岸では早起きの人々がエクササイズにいそしんでいる。水着姿の男たちはこれから松花河の水に体を浸すのだろうか。雨の多い時期だが、今日はいい天気になりそうだ。
c0223879_12271021.jpg

c0223879_9283087.jpg

 腰に手を回すのがカップルの中国的寄り添い方のようだ。<アンダンテ(伊)>という音楽用語がある。歩くような速さでゆっくり演奏せよという指示用語だ。しかし、さらには<貴婦人が歩くように>との指示が言外にあると聞いたことがある。貴婦人では若い中国人カップルのように軽やかではあるまい。
c0223879_957779.jpg

c0223879_9234625.jpg

c0223879_9101531.jpg

車の乗り入れが禁止されている「中央大街」は石畳の道を日中から夜にかけておびただしい人々が行き交う。やがておとずれるそんな喧騒を前に、道路清掃人や犬を散歩させる人たちが静かに朝を演出する。若いカップルたちにも新しい一日が始まった。
c0223879_10314688.jpg
c0223879_14272266.jpg

c0223879_5183620.jpg

 真冬には最低気温がマイナス25度を下回って松花河が凍りつく。松花河の中州にあるここ「太陽島公園」は、1月に開催される「氷祭り」会場になる。水面がきらめく今の季節は行楽客が訪れ、カップルたちのデートコースになる。
c0223879_5343084.jpg

c0223879_194529.jpg

 ロシア正教の聖ソフィア大聖堂はハルビンを象徴する建造物だが、現在は教会としては使用されておらず、建築芸術館として公開されいる。
c0223879_1457392.jpg

c0223879_1545416.jpg

c0223879_5523397.jpg

c0223879_6193384.jpg

c0223879_5574334.jpg

「東方のモスクワ」「東方の小パリ」などと呼ばれるハルビン。帝政ロシアの面影を今に伝え、旧満州国時代の建造物も数多く残っている。「旧桃山小学校」「旧大和ホテル」「旧日本領事館」などなど。
c0223879_5152781.jpg

 中国のビールといえば「青島ビール」が有名だが、中国で最初に製造されたのは「ハルビンビール」(1900年)で、ハルビン市民1人当たりのビール消費量はドイツのミュンヘンについで世界第2位だという。
c0223879_5262522.jpg

c0223879_7595616.jpg

c0223879_529871.jpg

 皿の中央にあるトウモロコシ風のものは高粱(こうりゃん)だと、中国通の落合さんが教えてくれた。「このトウモロコシ、まずいなあ!」と同じ席の数人が顔をしかめていたのだが・・・・・。帰国後、調べたら高粱とトウモロコシは同じものだった。やっぱり、<まずいトウモロコシ>だったのだ。
c0223879_6243587.jpg

c0223879_6282528.jpg

 餃子でビール、ロシア料理でビール。<ビール祭り>でもちろんビール。その後はビアガーデンで串焼きをほおばりながらまたビールなのだ。
c0223879_14432392.jpg

 左から鈴木さん、高野さん、落合さん。3人とも同じツアーのメンバーだ。新潟県三条市の落合さんは仕事で中国語を習得した。中国事情にも詳しく、メンバーとっては心強い存在だった。
c0223879_14463971.jpg

 左端の野上裕さんは10月10日(日・祝)に古町7番町で開催される「新潟オクトーバーフェスト2016」の副実行委員長だ。今回はその参考のためのツアー参加だった。「新潟ドイツワイン協会」の幹事でもある。楽しい酒を飲む人だった。
c0223879_1248238.jpg

 左からムツコさん、ヨウコさんのいとこ同士。右は二人の叔母ミキコさん。高齢のミキコさんを気遣う姪っ子二人が好印象だった。
c0223879_12575830.jpg

 82歳の父松井敏和さんを伴っての参加は、日本航空の現役パイロット健二さん。敏和さんにはハルビンに特別な思いがあったのだろうか。息子の傍らにいて終始ご機嫌だった。他にも母と息子の参加メンバーがいた。私と一緒に参加したジョージさんは両親がハルビンで結婚したのだという。戦後、夫の郷里村上市に引き上げた。それから70年、ハルビンは永遠の思い出の地だ。今も元気な母だが、さすがにツアー参加は無理だった。
c0223879_13475195.jpg

 「ビール祭り」会場では、大音響と光が交錯するステージパフォーマンスが繰り広げられる。私も含めて高齢者は少々辟易気味だったが、この元気である。
c0223879_13525629.jpg

c0223879_14534228.jpg

c0223879_13575716.jpg

 「ビール祭り」会場を後にした一行の内、数人は河畔のビヤガーデンへ繰り出した。私にとっては2晩続きの「河畔牌酒工坊」だった。
c0223879_10153123.jpg

c0223879_1028449.jpg

c0223879_11341266.jpg

 ロシア娘なのかロシア風中国娘なのか。歌姫は体をくねらせて歌う。歌の中にはロック風にアレンジされたテレサ・テンのヒット曲もあった。
c0223879_764595.jpg
 
 ツアーメンバーの中には今回が30回目の海外旅行で、すでに26カ国を訪れたという80歳の女性もいた。はじめのうちは夫と共に、夫を見送ってからは一人で・・・・・。生きてあればこその今、彼女の表情は明るく、好奇心に瞳は輝き、その視線は四方八方に動く。スニーカーの足取りは中央大街の石畳を、太陽島公園の土をしっかりと踏みしめて軽やかだった。
 50時間に満たないハルビン滞在だったが、得たものは多岐に渡った。ツアーメンバーとの<一期一会>もそのひとつだ。帰国後、数日は腹具合がおかしかったが、これもハルビン土産のひとつだったか。
[PR]

by yoyotei | 2016-07-21 07:08 | Comments(0)  

諍いはつづきおれども昼時となりて並びて泥の手洗う

c0223879_781180.jpg

 総合病院に勤務する産婦人科医ハルカさん。この夜は大学病院に転勤する彼女の送別二次会。<ハレヤカ(晴れやか)ハルカさん>のこの笑顔に迎えられた新生児は幸せだろう。
c0223879_71323.jpg

<BAR街>イベントで初来店だったショータ&シュンスケさんがセイナ&ナオキさんを伴って再来店。
c0223879_7193531.jpg

 こちらがセイナ&ナオキさん夫妻。
c0223879_7232797.jpg

 こちらのショータ&シュンスケさんは、おそらく夫婦ではない。
c0223879_4155889.jpg

 こちらも<BAR街>初来店だったコズエさん(左)が、ヒサエさん(中)とミキ(右)さんを引き連れて(?)やってきた。魚沼出身の3人。ミキさんはライターだと聞いた。どんなものを書いているのだろう。
c0223879_4234726.jpg

 久々のヨシマサ&タカユキ・イカラシさん。2児の父になっても相変わらず元気みなぎるヨシマサさん。タカユキさんはパートナーを切実に求めているようだが・・・・・。
c0223879_4285753.jpg

 詳しい話はできなかったが女子3人もパートナー募集中か。酒場のカウンターはそんな人たちの出会いを演出することもある。
c0223879_4333847.jpg

 5月に初来店だった建築士でインテリアコーディネーターのジュンコさんが再度やってきた。酒の店「むらさき」に興味があるというのでお連れした。前ブログで紹介したように「むらさき」は村上の伝説の飲み屋の一軒だ。 
c0223879_4372372.jpg

 伝説といわれるのは、半世紀以上も変わらない店のたたずまいとママの人柄だ。
c0223879_4413066.jpg

 店では、これもかつて存在した「ホープ」という飲み屋の元主人がひとり銚子を傾けていた。昭和レトロそのままの時間がこの店には流れている。青森県八戸市から転勤してきているジュンコさんは「すてき!」を連発した。
c0223879_1020562.jpg

 私の店の右隣は浄土真宗の寺、左隣は畳屋、畳屋の隣がカラオケスナック「レガート」だ。左が「レガート」のアヤコママ。右はママの次女泉さんだ。泉さんは新潟市在住の画家。「レガート」には数点の彼女の絵が掲げられてある。泉さんの心の内奥が静かに、しかし激しく迸(ほとば)しっている抽象画。人間存在の確かさと危うさ、希望と絶望、揺れ動く心。それらの絵をいつか紹介することがあるだろう。
c0223879_17273964.jpg

 堀田亨さんの名刺には「越後村上大町鶏邑(けいゆう)会会長」とある。<村上大祭発祥の地・大町を支援するお祭り大好き友の会>というのが「鶏邑会」であり、一行はその会員だ。さらに堀田さんは「本庄繁長公の会」事務局長、「胎内星まつり」本部スタッフ、「ザ・わっしょいズ」ドラム担当ハリー堀田といった別の顔もある。多才にして多忙、しかしそれを心から楽しむといった生き様が表情から伝わってくる。「村上高校同窓会新潟支部」の幹事でもある。この後、アヤコママの店「レガート」で堀田さんと話した。温厚な人柄と豊かな知見。高い人望も、さにあらんの人である。彼らはすでに来年の村上大祭に思いを馳せている。 
c0223879_1012491.jpg

 「鶏邑会」のメンバーに泉さんの同級生がいた。泉さんはわたしの三女とも同級生でもあるらしい。
c0223879_10235977.jpg

 国内外で活動する日高さとみさんは生田流の琴の演奏家だ。伝統的な筝曲からロックなどとのコラボまで演奏ジャンルは幅広い。5月の「宝田明公演」で紹介され、この夜は翌日に行われる「日高さとみ筝コンサート」(7月10日村上教育情報センター)を前に来店となった。この10月にはトロント(カナダ)でのコンサートが予定されている。
c0223879_19174579.jpg

右は村上市山辺里(さべり)出身の田所和子さん。「日高さとみ筝コンサート」で<歌う人>と紹介された。
 平原さん(左)とは面識を得て長くはないが急速に新密度が高まっている。世界のあちこちに足を運んでいる村上出身の実業家。この夜はインドの話が共通の話題になった。ガンジス河の聖地バラナシの迷宮のような路地に話が及んだとき、私は昔どこかで平原さんと会ったことがあるのでないかと胸が震えた。
c0223879_1035789.jpg

c0223879_554730.jpg

c0223879_59718.jpg

 7月10日の夜は<オール村上・岩船/平和と共生>の事務所で参議院選挙の開票を見守った。支援した野党統一候補森ゆうこさんは、その差2,279票の激戦を制して当選した。メディア取材で「新しい民主主義が新潟から生まれた」と森ゆうこさんは語った。支持拡大に奔走した友人は、政党や組合などを超えて共闘した選挙戦に大きな歴史の変化を見たと話す。政党や組合運動に無縁の私は、「むらかみ9条の会」の<一市民>として参画した。短い間だったが、選挙戦を通じて新しいいくつかの絆が生まれた。
c0223879_5432626.jpg

c0223879_5474097.jpg

 投票日の翌日、森さんは当選報告のため村上に現れた。新潟では彼女が勝利したが、全体では改憲勢力が憲法改正発議に必要な3分の2の議席を超えた。改憲阻止に向けて、彼女に<何人分>もの期待が集まる。野党共闘は「野合」ではなく「希望」と<オールにいがた平和と共生ニュース>は伝えた。
 
「民主主義とは、敵と共生する・反対者とともに統治する、そのための政治制度」(哲学者オルテガ・イ・ガセット)
c0223879_6463211.jpg

 頼んでおいた歌集『綿雪』が届いた。6年前の発刊時に著者の稲葉範子さんから贈呈されていながらサッと目を通しただけで、所在不明となっていたものを改めて購入したのだ。夫とともに専業の農業を営みながらスーパーの魚屋でも働く著者と私の妻は職場を通じての知人だった。

 子を背負い玉葱の苗植えているこの子に最初の雪のま近し
 九月の夜寒い寒いとうそぶいて伸べ来る夫の手の温とさよ
 <温とさ>は(ぬくとさ)と読むのだろうか。
 夕去りて一輪車引く影長し夫の頭を踏みつつ歩く
 諍いはつづきおれども昼時となりて並びて泥の手洗う
 
 土浦の今井さんはこの歌集を旅の友としていた。私も明日からのハルビンの旅に『綿雪』を携えて行こう。
[PR]

by yoyotei | 2016-07-12 07:46 | Comments(0)