タグ:インド ( 3 ) タグの人気記事

 

プーラン・デヴィ

西村洋子さん
過酷な生い立ちから政界に進出した女性。もしかしたら彼女はプーラン・デヴィのことではないでしょうか。まちがっていたら、ごめんなさい。
彼女は低カーストに生まれ、さまざまな地域的、個人的な虐待を受けて、後にダコイットと呼ばれる盗賊集団に加わります。彼女のことは「女盗賊プーラン」という本に詳しく書かれています。
殺人容疑で警察に追われ、投降して獄に囚われますが、恩赦を得て釈放されます。1996年、選挙に立候補して当選。国会議員になります。読み書きもまったくできなかったプーラン。
彼女は、ある日議員会館から出た所で、銃の乱射を受けて命を落とします。事実です。

山際素男氏にダコイットについて書かれた著書があります。プーランのことは出ていませんが、ダコイットの調査報告としては、僕の知る限り優れたものだと思います。さらに、インドの低カーストの実態、アウトカースト(不可触民)をハリジャン(神の子)と称して、差別を認めないとしながら、ヒンドゥー(ヒンドゥー教)から離脱できなかった、マハトマ・ガンディーに、現在も批判的な人々の聞き書きもあります。前者も後者も書名は自宅に帰らなければわかりません。
数年前に山際氏が当地に、葬儀社主催の講演に来られた事を後になって知りました。とても残念な思いをしました。

人間が人間として尊重される。インドはそのことを、今も「反面教師」として、僕たちに突きつけてきます。
[PR]

by yoyotei | 2009-11-17 00:49 | Comments(0)  

インド

昨夜来店された高齢のご夫婦。

ご主人は来年80歳になられるとか。
奥様も同じくらいかな。そのご夫婦が来年インドへ行こうかな、というお話。
夫婦で世界中を旅行してこられたお二人が旅のメインディッシュに選んだのがインドだなんてうれしいではありませんか。
40歳を過ぎてからインドデヴューをして、自称インド研究家になった僕にしては、
ご夫婦のインドの印象を聞くのがとても興味があります。
トラブルに遭われることはないと思いますが(ツアー旅行ですから)、
奥様は体調の変化を気にされてましたので、
どうかご無事な旅をお祈りいたします。もっとも僕のアドヴァイスで、
インドの旅のベストシーズンをすすめたところ、来年の10月ということになりました。
 

このブログに多くの方のインド話が飛び込んでくることを期待しています。
[PR]

by yoyotei | 2009-11-05 02:45 | インド | Comments(0)  

夭夭亭ブログはじめます。


わたくし、62歳。
長いアナログ人生にピリオドを打って、
デジタル化への第一歩をここに刻みます。
これが皆さんに発信できているのかどうか、
ドキドキハラハラ不安いっぱい。

ブログ名
「夭夭亭」(ようようてい)は、私が経営する居酒屋の店名です。
新潟県村上市で営業して、まもなく36年目に入ります。
おいおい店の紹介や、店名の由来なども紹介させていただきます。
また、「クリシュナ」とはインドの神様の名前です。
こうした事もおいおいこのブログで発信するつもりです。

酒・食・旅を中心にいろいろな方とこのブログでお話できたらいいなと思っています。
お気軽にコメントを残してください!

まだ慣れていないため、
更新には若干の時間を要します。


フィル・ミレンゲ!
(またお会いしましょう!)
[PR]

by yoyotei | 2009-10-28 11:22 | Comments(8)