今日、入籍をされたカップルが今夜のメインゲストでした。再来週、私の店で二人の祝婚パーティをするのです。
寒い夜でしたが、店内は暖かい空気に包まれました。僕も調子に乗ってギターや三線(サンシン)を弾いて歌いました。カップルが新しい旅立ちをする、その覚悟をお互いが確認しあう。僕はそのことを一緒に喜びたいと思います。
結婚して、しかしその先のことは、誰もわからない。どのようなことが待ち受けているのか。
でも、それは生きている限りみんな同じこと。
「喜びも悲しみも立ち止まりはしない。巡りめぐっていくのさ」(河島英五「生きてりゃいいさ」)
今日歌った歌詞の一節です。

カップルから、二人で行った北海道旅行のお土産をいただきました。小樽のガラス細工、焼酎のお湯割りグラスでした。すばらしく趣味のいいものでとても気に入りました。

11月23日勤労感謝の日が、「夭夭亭」の誕生日です。いよいよ、37年前目に入ります。
37年目に入った最初のパーティが、祝婚パーティ。しかも、いろいろある店の中から僕の店を選んでくれたことがとても嬉しい。
いいパーティにしてあげるからね!ご馳走いっぱいつくるからね。

嬉しい気持ちで来店する客。さみしいから来る客。居場所を求めて来る客。酔っ払って何処に来ているのかわからない客。いろいろですが、まあ、いいでしょう。
酒飲みは百人百態。酒はその人をあぶりだす自供薬。
今夜は嬉しくて、僕が飲みすぎました。
インド話もいいけど、今度は酒の話、酒飲みの話をします。
ウイーッ、酔っ払った。オヤスミナサイ。
[PR]

by yoyotei | 2009-11-18 02:10 |  

<< 角瓶、そしてインド プーラン・デヴィ >>