食文化

あゆさん、早速のブログイン(?)ありがとう。歓迎、歓迎、大歓迎です。少しづつですが、このブログがにぎやかになって嬉しいかぎりです。
そう、「蛸」はおいしい。捕獲したら食べてあげる。これは功徳であり、生きとし生きるものの食物連鎖の運命です。
もっとも、萩原朔太郎は、詩人としての才能が枯渇する恐怖を、自分の脚を食べつくして消滅する蛸に重ねたのではないかと思われます。

ところで、私たち日本人は新鮮な魚や生きている魚を見て、「うまそうだな、刺身にしたら最高だろうな」など思ったり言ったりします。肉食文化が広がってはきても、牧場の牛を見て「ステーキにしたらうまいだろう」とか、豚舎でブヒブヒ鳴いてる豚を見て、急にトンカツが食べたくなるということは、まあありませんよね。
しかし、肉食中心の食文化で育った人たちは、生きた牛を見て食欲を刺激されると、聞いたことがあります。
本当かどうか、今度確かめてみます。

そういえば、トンカツ屋さんの看板で、コック帽をかぶったかわいらしい豚さんが、ナイフとフォークを持って、ペコちゃん人形のように舌を出して「うまいトンカツだよ。どうぞ食べていってください」と言っているようなのがありました。
考えてみると、笑えないよね。
[PR]

by yoyotei | 2009-11-22 19:42  

<< Please come again 蛸と酒 >>