初夏の人模様

  東日本大震災から3ヶ月になる。季節は日々自然の装いを新しくし、命を輝かせる。そこに被災者への思いを重ねて複雑な感傷を抱いているうちに、4月が過ぎ5月も去った。自宅近くの寺院の背後に細く広がる山居(さんきょ)山も、すっかり初夏の様相だ。連休明けからは筍(タケノコ)を採りに、その山に何度も通った。新潟市に住む次女と孫娘をともなったこともあった。
 この山は古くは近辺に住む人たちの薪炭林だったらしい。「踏み分け道」もなくなった山を、数年前から元営林署の職員を中心に山道整備がおこなわれている。現在では軽い山歩きができるようになった。一部は竹林になっていて、この時季には筍の宝庫となる。わずかな時間で大量の収穫だ。収穫してすぐにゆでるとアク抜きをする必要がない。2時間以内というのが肝心らしい。
 ところで、筍にはなにか栄養があるのだろうか。うまいし好きなのだが、栄養があるとは思えないのだ。癌の予防になるとの説もあるようだが・・・。 
c0223879_20554976.jpg

c0223879_7564895.jpg

 癌といえば煙草をやめてから8ヶ月が過ぎた。先日、煙草を吸う夢を見た。アッと目覚め、夢だと気づいてホッとした。
 
c0223879_7581384.jpg

 海岸では釣りシーズンが到来した。ここのところ、岩やテトラポッドの隙間にひそむソイなどのロックフィッシュと呼ばれる魚を狙っている。「ググッ」と引き込む快感がたまらない。釣り場が近いので、朝昼夕方と何度も出かけた。「アンチョビ」用に作ってあるカタクチイワシの塩漬けが格好の釣り餌になる。
 もうすぐキスも釣れはじまる。

 
c0223879_842485.jpg

  元気でさわやかで頼もしくて・・・。「村上ファイアファイターズ」の男たちである。東日本大震災から、あれは何日目だったろうか。瓦礫の中からの奇蹟の救助が、テレビや新聞で報道されたが、そのなかに「村上消防」のヘルメットが映っていた。災害派遣に駆けつけたこの男たちの仲間なのだ。
 
c0223879_8355375.jpg

「生き先案内人」としてこのブログで紹介したことのあるMastuiさんが左の人だ。高校教員を定年退職し、僧侶のかたわら「いのちの電話」の相談者として、人生で追いつめられた人たちを支えている。「いい顔になりましたね」というと心から喜んでくれた。ほんとうにいい顔になった。
 右は幼馴染だとのこと。この人も市役所を退職して・・・。いい顔です。

c0223879_8364970.jpg

c0223879_2011531.jpg

 現在はJA新潟厚生連瀬波病院になったが、以前は新潟県立瀬波病院だった。その当時の女医や看護士などの職員さんたちの、いわば同窓女子会だ。
 昨年の暮れに「トムヤムクン」の予約を受けていながら、すっかり忘れていた私の不手際を責めもしないで、その時のメンバーが来てくれた。ありがたいことである。もちろん今回は忘れることなく「トムヤムクン」を供した。この地では入手できない「香菜(シャンツァイ)=コリアンダー」は種をまいたが、この日には間に合わなかった。

c0223879_201912.jpg

 旧村上藩士の末裔なのだというNagaoさんは、プロのギタリストだ。以前、市内でコンサートも開催された。その時の来店以来であった。彼がスペイン語で歌う「コーヒールンバ」は圧巻である。この夜も、私のリクエストに応えてもらった。

c0223879_8404092.jpg

 左は瀬波温泉のホテルに勤めるHonmaさん。右はその瀬波温泉出身で、ここのところアクティブに事業を展開しはじめたWakimotoさんだ。わが家のご先祖様であるシーズーの「ポポ」はこのWakimoto家からやってきた。ポポの血統は絶えたが、以来シーズーの可愛さから逃れられないでいる。
 Honmaさんはこの夜、初めての来店だったが、数日後また来てくれた。長期の景気低迷に加えて、東日本大震災による客足の減少。なかなか厳しいですね。
  
c0223879_8464498.jpg

 左からHattoriさん、Hidebou、Odaさんの仲良し幼馴染の3人組だ。3人それぞれがまったく違う個性の持ち主で、ほとんど交わる部分はないのでは、と私は思うのだが、そこがまた人間の妙味なのだ。ちょっと遅めの結婚だったが、Hidebouもパパになった。
 人生のつくり方も三人三様だ。

c0223879_845232.jpg

 こちらも同じ町内の幼馴染。左のShinyaさんは銀行員をやめて伝統工芸村上堆朱の家業を継いだ。右はIchiokaさんで、このブログで以前にも紹介したことがある。
 来月はいよいよ伝統の村上大祭だ。2人とも物心がつく前から祭を血肉にして成長してきた。もう心ここにあらずだろう。久々のお二人さんツーショットだった。

c0223879_849155.jpg

c0223879_850288.jpg

 女子会だと思ったら小学校のPTAご一行さまだった。女の先生と保護者のお母さん方のなかに一人のお父さんがいた。なんと十数年前に私の店で結婚式の二次会をしたのだ。その人がお父さんになってPTAの集まりで来てくれたのだ。
 奥さんは背の高いすらっとした美人で、二次会では私がインドから持ち帰ったサリーを着てくれた。


 本格的な雨にはならないが湿度が高い。アジサイのつぼみも膨らんできた。入梅が近い。朝は4時になると空が白んでくる。清々しさに誘われるのだろうか。早朝散歩をする人が増えたようだ。近所のOgataさんも歩き始めた。

 お隣の奥さんは透析を続けている。一時期、予断を許さない状況もあったが・・・。
「看護士さんにわがままなことを言うようになりましてね」
と、カナダから帰って来ていた息子さん。
 目の前で波に攫われていく命もあれば、強靭な命もある。
[PR]

by yoyotei | 2011-05-30 21:00  

<< 追想へのいざない 私の大型連休 >>