秋なのだ・・・。

c0223879_919879.jpg

 新潟日報社から依頼されて書いた生活欄「甘口辛口」10回分の原稿料が、先日振り込まれた。あれこれ原稿は書いて、謝礼の物品をいただいたことはあるが、原稿料ははじめてだ。特別の気分に浸っている。
 一回分400字という字数制限も、慣れてくると感覚をつかめるようになった。読んだ人から「おもしろかった」といわれると、恥ずかしいが嬉しい。第1回「修行者」をここに再掲しておこう。2回目以降はこれからの気分次第で・・・。

『酒場を開いて40年近く、インドを中心にアジアを旅するようになって20年になる。どこへ行っても酒屋を探すが、飲酒をよしとしない伝統を持つインドで酒屋を見つけるのは容易でない。
 探し出した酒屋も高いカウンター越しのやりとりだったり、鉄格子で防護されていたりする。酒飲みは警戒されているのだろうか。
 それでも、経済成長の影響によるのか、」近年はニューデリーの酒屋前の路上に腰をおろして缶ビールを飲むことができるようになった。
 酒飲み男3人でガンジス河上流のリシュケーシュへ行ったことがある。修行者が集まる聖地であり、ヨガの道場も数多くある。そんな所だから酒屋はおろか、レストランには肉料理もない。わかっていたのに途中で酒を買うことができないまま聖地に着いてしまった。
 酒のない聖地の夜はとてつもなく長く、河を渡る風の音を聞きながら、男たちは寡黙になった。はからずも、その姿は修行僧のようだった。』
c0223879_9214468.jpg

 村上中等学校の女教師たちだ。カナダから来ているアデールさんを囲んでの食事会で、みんなの会話がほとんど英語だ。
 アデールさんは酒も飲み肉も食べて、スパイシーな料理をおおいに気に入ってもらったようだが、外国人のなかには菜食主義者もいるし、そんなときには工夫が必要になる。
 以前、やはり中等学校の外国人教師でジャマイカ出身の女性がいた。ジャマイカ産のラム酒を準備したが彼女はまったく飲まない人だった。
c0223879_9231358.jpg

 来年、結婚予定だというMasaki&Yumikoさんのカップルだ。Masakiさんは10年ぶりの来店だといい、ふたりは同級生らしいから、「アラ30」というところか。でも、初々しいカップルだった。あのカードマジック、練習して友人を驚かせてやりなさい。またおいでね。
c0223879_9275113.jpg

9月25日(日)は恒例の「村上・笹川流れ国際トライアスロン大会」が開催される。参加定員600人が早々と満員となった。遅くに申込みをした人たちの中には定員オーバーで参加できない人も出た。このShioya君もその一人だ。昨年も見事完走をして(このブログ「実況トライアスロン」を参照)、この大会参加はライフサイクルの一環になりつつあったのに残念だった。どうせならと、大会1週間前の休暇に村上にやってきた。夏の村上通いは学生時代から続いている。
c0223879_19185998.jpg

 日本の代表的な商社に勤務するふたりだが、Watanabe君は海外出張も頻繁にあるという。学生時代には世界中を旅してきた彼だけに、仕事としての世界戦略と、貧困、飢餓、紛争など、世界の現実をどのように受け止めるのか。この先、長く続く自分自身の命題だろう。
[#IMAGE|c022387
c0223879_9263095.jpg

 一晩目は朝の5時半までいっしょに飲んだが、二晩日は私の体力が続かず、午前1時でお開きとなった。
 昨年はマイケル・サンデルの著書を紹介してくれたShioya君だが、3年間付き合っていた女性から別れを告げられたという。今回は女と男はしょせん分かり合えないのでは、という話に発展していった。
「また来年・・・」と言い交わして別れたが、彼らと飲む度に1年が廻る。
c0223879_930798.jpg

 トライアスロンも例年のようにMCとしてマイクを握るが、秋はそうした催事が多い。私が関わっているのでも上のポスターの講演会「原発問題と放射能の被害-放射能の汚染からいのちを守るために-」がある。先日は東京・明治公園で6万人規模の反原発集会があった。こうした大きな動きや世論が私たちのささやかな講演会を後押ししてくれればという期待もあるが・・・。講演後の質疑応答のコーディネーターを要請された。参加者100人が目標だ。

 10月29日(土)には代表を務める「自治体研究会」主催の「地域と暮らしを考える講演会」がある。講師に京都大学大学院の岡田教授を迎える。大事だと思うが地味なテーマだけに関心を集めるのは容易なことではない。

 先日、ほんとうにわずかだが定期預金が満期になった。予定していた支払いをするため解約しようとしたら印鑑がない。家中、店中探すだけ探したが見つからない。改印しようとしたら、紛失届を提出してから一ヶ月を経なければ改印はできないということだった。その間、自分の金なのに現金化できない。通帳を担保に妻から借金をする羽目になった。

 印鑑を探しながら、来信のはがきや手紙、名刺や写真など、あちらこちら乱雑にしてあったものを整理した。本も書棚にジャンル別に納めた。副産物として思いがけずに出てきたものも数々あった。
 次回のブログで思い出に浸ってみる。
[PR]

by yoyotei | 2011-09-23 09:31  

<< ゴールゲイトへ こうして人は・・・ >>