~イブの夜を弦楽器の調べで~

c0223879_21171425.jpg

 12月になった。師走であり、忘年会であり、クリスマスである。
 常連のバイオリニストHirayamaさんの計らいで、すばらしい夜が訪れることになった。「きよしこの夜 ~イブの夜を弦楽器の調べで~」と題するコンサートが実現するのだ。
 ブログ「セロ弾きのシンさんと仲間たち」(2011年10月12日)で紹介した、そのシンさんが新たな仲間たちを引き連れて24日の夜に来てくれることになった。
 G線上のアリア、アイネクライネ・ナハトマジーク、賛美歌などを、チェロ、ビオラ、バイオリンで奏でてもらえる。なんとも贅沢な夜になる。
 しかも、コンサートのための特別な料金は必要ない。いつものように飲みに来ればいい。クリスマスらしい酒と料理を準備しよう。セロ弾きのシンさんや仲間たちと、一緒にイブの夜を楽しく過ごそうということなのだ。
 開始時刻は、おおむね夜の7時30分ということにしている。きっと思い出に残る一夜となることだろう。

 参加資格は敬虔なクリスチャン、ではなかった。熱烈な夭夭亭ファンであればどなたでも。コンサートを「エサ」に誰かを誘うのもいいかもしれない。効果抜群だと思う。

 終演時刻?遅くなるだろうなあ・・・。
c0223879_22134067.jpg

[PR]

by yoyotei | 2011-12-01 22:34  

<< もういくつ寝ると・・・ いい男たちの夜 >>