春の夢

 一人で家を建てている男がいた。二間もあろうかというほどの小さい家だ。何本かの柱が屋根を支えている。壁はまだない。床板を貼り付けているところのようだ。奇妙なのは、建材が煤けた古材や流木、寸法の合わない材木をつないだもので、つぎはぎだらけの家ということだった。
 縁側らしいところから床に上がった私に、男が不機嫌な声を出した。
「入り口はそこなんだが」
 なるほど小さな入り口に見える部分があった。
「近頃の日本人は礼儀も知らない・・・」
と、男が言ったように聞こえて、目が覚めた。

 木材を組み合わせて何かを作っている男がいた。テーブルなのか、ベッドなのか。大き目の台であることはまちがいない。こちらも端材をつないで、そのつないだ部分を荒縄で縛っている。ベトナムの田舎を思い出した。ハンモックで昼寝をしている男たち。その下にあった台に似ている。私は台の縁を両手で掴んで揺すってみた。ビクともしない頑丈なものだった。私は満足して、その場を立ち去った。

 私は粘土をこね、手びねりでぐい呑みを作りはじめた。なかなか思い通りの形にならない。薄い板状にした土を貼り合わせるようにしてみた。蕎麦猪口の形になった。ひと月前に骨董市で買った物と見比べるとそっくりだった。
 底を見ると扁平だ。気にいらない。ヘラで削り取った力強い高台(こうだい)がいい。蕎麦猪口をつぶして、手びねりに戻った。やはり思い通りの形にならない。何度か作ってはつぶし、つぶしては作った・・・。
 ぼんやりと目覚めた。初めて見た3シーン連続の夢だった。何かの願望か、寓意を含むものか。
 春の眠りの夢だった。
c0223879_1141712.jpg

c0223879_11414413.jpg

 桜が満開だ。参道も小学校の校庭も・・。隣家の白いモクレンもいっせいに開花した。
 10鉢あまりのシンビジウムが、今季はすべて花芽を持った。昨年の夏、寒冷紗を張って本格的に遮光をしたのがよかったようだ。デンドロビウムもすべて花芽を持ったが、1鉢から増やしたものでみんな同じ花なのがちょっと不満だ。
c0223879_11441522.jpg

 赤い椿の山道をナメローと歩いた。昨夜来の雨で道は湿っているが、夕方から晴れの予報だ。
c0223879_11491797.jpg

c0223879_11494098.jpg

 公的な助成を受けていた店が相次いで閉店した。詳しくは知らないが、客足が伸びず、助成期間が終わったための閉店のようだ。「閉店」の文字が痛ましい。
 
 おとめ座の人は運気が良くないらしい。運気を上げるには「鳥の手羽先から揚げ」を食べるといい、そんなことをテレビが言っていた。妙な夢は運気が悪いせいだろうか。私はおとめ座である。よし、手羽先食ってビールを飲んで、昼寝をしていい夢をみるぞ!
 それにしても、こんな占いどんな根拠があるのだろう。
[PR]

by yoyotei | 2012-04-24 13:00  

<< 再会の観桜会 さかなまつりがやってくる! >>